卒業しました

 7日までは母と祖母と過ごしているので中々更新できませんが、本日をもって留学先の大学を卒業致しました。2年間早かったですね、卒業式中も感慨が…無いな!退屈でしょうがなかったよね。

 

 映画みたいに式が終わったらあの四角い帽子投げるかと思ったら、ただ帽子についてる紐を右から左に位置を変えるだけなんだよね。地味!あの帽子を投げるやつはなんなんだろうか、映画ばえするための脚色なんだろうか。

 

卒業 [DVD]

卒業 [DVD]

 

 

 

我が故郷、ジョーンズボロ

 ジャクソンは州議事堂以外は何も見ることがなく、州都の癖に非常につまらない街だった。まあ、我がジョーンズボーリングも他人のこと言えたもんじゃないんだけどね!

 

 さてさて、そんなジョーンズボロに今日やっと帰ってきた。明日は卒業式だ。母が農場しかないハイウェイにキャッキャしてたが、まるで2年前の自分を見ているようである。月日が経つのは何とやら…。

 

卒業 [Blu-ray]

卒業 [Blu-ray]

 

 

 

ミシシッピのホテルが奴隷屋敷みたいだよ!

 楽しかったニューオーリンズを離れ、ジョーンズボロへの帰路へ。一気に7時間運転するのは辛いので(まあ二ヶ月前によくやってたけど)、ミシシッピ州の州都ジャクソンで一泊。

 

 州都の癖にジャクソンは何もなくてつまらない。ただ、泊まってるホテルは豪華なんだけど、これ。

f:id:HKtaiyaki:20170803133017j:imagef:id:HKtaiyaki:20170803133558j:imagef:id:HKtaiyaki:20170803133604j:imagef:id:HKtaiyaki:20170803133624j:imagef:id:HKtaiyaki:20170803133639j:imagef:id:HKtaiyaki:20170803133653j:image

 奴隷屋敷にしか見えないんだよね。『ジャンゴ』とか『それでも夜は明ける』とかで見たよ、こういう家!

 

 ただ、この建物自体は1908年に実業家が住居として建てたものなので、奴隷制時代とは関係はないみたいだ。でも南部には未だにあちこちに奴隷制時代の名残がある負の遺産が残っている。

 

 そういえばニューオーリンズを発つ前に第二次世界大戦博物館にも行ってきた。アメリカはアメリカの自由と民主主義を守る名目で戦争に参加したが、戦争中でも黒人は隔離制作していたし、日系市民を強制収容所に押し入れた。残虐非道なナチス大日本帝国ばかり責められるのかと思ったら、そういったF・ルーズヴェルト政権時代のアメリカの偽善的な一面にも焦点を当てていて、中々に面白い博物館だった。

ニューオーリンズは楽しいよ

 明日で帰ってしまうけどニューオーリンズはフランス植民地時代の雰囲気が真空パッケージされたような街で大変楽しかった。人生でこんなにワニを食べることはこれまであったろうか。酔ってて文章をうまく書ける気がしないが、まあ百聞は一見にしかずなので写真を貼っときますよ。

f:id:HKtaiyaki:20170802140450j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802140516j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802140551j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802140637j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802140702j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802140720j:image

 

 とはいいつつ、都市部は大都会。ポケモンGOは廃れてるけど。

f:id:HKtaiyaki:20170802140340j:image

 

 沼地ツアーでワニさんも見た。

f:id:HKtaiyaki:20170802140902j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802140917j:image

 

 アメリカってどこに行ってもハンバーガーばっかりでつまらないけど、ニューオーリンズケイジャン料理があって面白い。ただ味が全部塩っ辛くて南部アメリカ人の寿命が心配になる。f:id:HKtaiyaki:20170802141139j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802141247j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802141332j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802141351j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802141424j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802141429j:imagef:id:HKtaiyaki:20170802141430j:image

 ニューオーリンズといえ

やっぱりジャズなんだけど、イメージと違ってバーボン通りの大半が工事中でどこかみせに入って聞くしかない。

f:id:HKtaiyaki:20170802141116j:image

 

 

『ダンケルク』を観て呆然

 どうしても『ダンケルク』を観たかったので、母と祖母の許可を取って映画館へ。一番理想とされずIMAX 70mmはなく、通常版IMAXと70mmフィルム上映という究極の二択で悩んだが、自分で色々と考えた結果、ひとまず70mm版を観た。しかし、この決断は間違っていたのかもしれない。

 

 僕はクリストファー・ノーランが大好きで、彼が作品を発表すればその作品は年内ベストの地位を確約されたも同然だった。巷では評判の悪かった『バットマン・ビギンズ』や『ダークナイト・ライジング』すらベストテンに入れている。なので『ダンケルク』にも過度な期待を寄せていたのだが…これが全く僕には面白くなかった。自分がこれまでのノーラン映画で好きだった部分が今回はマイナスに働いて大変なショックだった。

 

 しかし、IMAX版を観た方々からの評判は頗る高い。それ、本当に同じ映画が上映されてるの?と思うくらい温度差が違う。これは絶対に確かめてみたい案件なんだけど、少なくとも8/7まで家族旅行に拘束されているので観れなさそう。頼むから保っててくれよ…!

南に向かってます。

 8/4の卒業式に備えて母と祖母がアメリカにやってきました。せっかくなので旅行しようということで、1日目と2日目をメンフィスで過ごしてエルヴィス・プレスリチの墓を見たりして、今日からルイジアナ州ニューオリンズに来ております。ただ、6時間もドライブした ので、体が眠くて眠くてウトウトしております…。最近怠惰な更新状況ですがお休みです。