映画の都

 予告していた通り絶賛出張中なのですが、ユニバーサルスタジオハリウッドでの仕事、という仕事なのか遊びなのか分からない感じで楽しいです。

 f:id:HKtaiyaki:20181130000209j:image

 

 個人的にやっぱりテンションがあがったのはスタジオ見学ツアーです。僕が最後にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに行ったのは家族揃ってアメリカから離れる直前だったので、実に子供の時以来約20年ぶりのスタジオツアーでしたが、映画好きの大人になってから行くスタジオツアーは万倍違いで超楽しかったですね。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のヒルバレーダウンタウンのセット*1や子供の時には気付かなかった『サイコ』のベイツモーテルには鳥肌が立ちましたし、噂に伝え聞いていた『宇宙戦争』の飛行機もスーパーかっちょよかったです。

f:id:HKtaiyaki:20181130120745j:image

f:id:HKtaiyaki:20181130120754j:image

f:id:HKtaiyaki:20181130120800j:image

 

 ちなみにスタジオツアーの最後が『ワイルド・スピード』のアトラクションになってるんですけど、これがあの最高にDQNでバカな世界観を100%を再現していてチョーパネェっすです。パーティー、ケツ、車とヘリの異種レース、ニトロ、と『ワイスピ』に必要なものが全部詰まってました。是非ユニバーサルスタジオハリウッドに行った暁には体験してみてください。そんなの待てない!って人はこの動画で堪能してください。

youtu.be

*1:『』『グレムリン』もここで撮影してます

シルバー会員のお通りだい!

 本日より月曜まで出張に行きます。『サウスパーク』の新エピソードが今夜放映なので出来れば頑張って更新したいところですが、あまり期待しないでください、すみません…。あ、でも出張多すぎてデルタのシルバー会員のになりましたよ!どんなもんだい!と威張りたいところなんですが、シルバーごときじゃまだ大した特典も付いておらず、先程もがっつり荷物検査で待たされたのでありました。

f:id:HKtaiyaki:20181128211022j:image

現代の『沈黙』

 アメリカ人宣教師ジョン・アレン・チャウがアンダマン諸島北センチネル島でセンチネル族に殺害された事件。

 

 人が亡くなっているのでとやかく言いたくはないですが、「哀れな未信者に素晴らしき神の教えを伝え救ってあげよう!」という考え方には宗教という思想の傲慢さを感じます。僕もアーカンソーに住んでいた時は散々「神様を信じたほうが良いよ!」と言われまくったのでゲンナリしました。

 

 また、5年前のスレッドですが、キリスト教系の掲示板でも「センチネル族は地獄に落ちるの?」と呆れ果てる他ない質問が上がっており、未開の部族として有名なセンチネル族に布教を行うことは宣教師たちにとって難攻不落な目標で、それを達成することはある種ロマンでもあったのでしょう。

 

 余談ですが、ワシントンポスト紙はジョン・アレン・チャウの手記を手に入れており、ジョンは亡くなる直前に「主よ、この島は人々があなたの名を聞く機会すらなかった、サタンの最後の砦なのでしょうか?」とか「皆は僕のことをクレイジーだと思うかもしれないが、この人たちにジーザスを布告する価値はある」だとか書いているのが本当に不憫で可哀そうでならない。本当に。一見勇ましいことを書きつつも最後には「神よ、僕は死にたくない」とまで書いているところに人間味を感じ、ジョンは僕として年齢が一つしか違わないので僕は胸が痛みました。ある意味僕は彼は宗教の被害者だと本気で思ってます。いったい彼の死の責任は誰がとるというのか。

 

 

 しかし宗教者にとって、先住民に教えを説くことは中々な難題なようで、時に映画や作品の題材となります。代表的なものはやっぱり『沈黙』がありますね。

 

 その名もずばり『ミッション』という映画もあるようで、是非今度観てみようと思います。

ミッション HDニューマスター版 [DVD]

ミッション HDニューマスター版 [DVD]

 

 

  

 でもやっぱり宣教を扱った作品として最高なのは、このブログでも紹介したトレイ・パーカーとマット・ストーンのミュージカル『The Book of Mormon』です。

 宗教とはブルシットである、しかしそのブルシットが人々を救うのも事実である!というのを面白おかしくそして感動的に描いているので、NYに来る機会がありましたら是非鑑賞をお勧めいたします。

 

 ちなみに、インド政府が北センチネル島に近づくことを禁じているのは、センチネル族が危険だからという理由だけでなく、文明社会から隔離された生活を送ってきた彼らは外部から来たウィルスに弱いので、外から持ち込まれた細菌で彼らが全滅するのを防ぐため、という理由があります。やはり、人々の救済に必要なのは神様や信仰心などではなく、科学なのです。

ディレクション

 サンクスギビング最終日は同僚の あみん が監督するファッションビデオを手伝いました。

f:id:HKtaiyaki:20181127022703j:image

 嬉しいことに共同監督して欲しいと頼まれたのですが、いざ自分でディレクションする時はついついアタフタしちゃって難しい。日本語でも難しいのに英語だと輪をかけて難しい。ひゃー、精進あるのみです。

 

一人でもできる映画の撮り方

一人でもできる映画の撮り方

 

 

 

ファンタスティック・ビーストと黒い役者のクレジット

 この休暇で『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を観てきたっす。映画としては…うーん、この後予定通りまだ3作も続くと考えると中々に辛いものはありますが、僕がこの映画で超面白いと思ったのはエンドロールであります。

 

 別に流行りの映画みたいにミッドクレジットシーンやエンドクレジット後のシーンがある訳ではないのですが、通常映画には監督や役者に対しアシスタントが付きます。ところが、『ファンタスティック・ビースト2』にはジョニー・デップのアシスタントが二人くらい、サポートが五人くらいついていたのです。

 

 これ完全に記憶に頼ってるので、実際には数が違うかもしれません。ただ、他の役者にはこれほど多くなスタッフはついておらず、また他の映画でも一人の役者に対しえこれだけ多くのスタッフがクレジットされることも滅多にないです。ご存知の通り、近年のジョニー・デップはかつての人気の絶頂期だった頃の面影はなく、撮影はすっぽかすは現場では暴力沙汰を起こすはですっかり問題俳優になってしまったのですが、恐らく僕が知らないだけで『ファンタビ2』の現場でも相当扱いにくい役者だったのではないかと妄想させる面白いエンドクレジットでした。

 

 

 

 


あ、でも大好きなジョニデの名誉のために言っておくと、彼の映画内での演技力そのものは素晴らしかったです。

 

買ったのに未開封のBDを集めてみたら我ながら引いた。

 ブラックフライデーでNYのブックオフが本・ブルーレイセールを実施してたので色々買ってきたっす。

f:id:HKtaiyaki:20181125025813j:image

 …と、僕は週末ブックオフでBDを漁るのが趣味なんですが、遠足は家に帰るまでが遠足であるのに対し、BD購入は買うまでがBD購入なんですよね。僕はすぐに映画ソフトを買うくせに買っただけで満足してしまい、開封もせずに本棚に並べておく、ということをよく繰り返しています。で、今回また懲りもせず何枚もソフトを買ってしまったけど、一体そんな感じで観ないで貯めてきてしまったBDはどれくらいあるんだろう?とふと気になり、棚から出してみました。

f:id:HKtaiyaki:20181125025913j:image

 うわぁ…。(ドン引き)所有しているBD自体はもっと多いのですが、開封していないものだけでこの量です。昔から積みDVDする癖は持っていましたが、社会人になってお金に余裕ができてからというもののその悪習が加速し、とんでもないことになってしまいました…。自分でも何を買ったのか把握する備忘録として、今日は僕がどう言った理由でこれらの映画を買ってしまったのか紹介したいと思います。

 

Case1:日本で貴重だった

f:id:HKtaiyaki:20181125030008j:image

 これらは日本で当時貴重だったので即買いしたのですが、『アンブロークン』は日本で公開され、『恐怖奇形人間』に至ってはついに最近日本でもソフトが発売されてしまうという始末…。

 

Case2:ホラー映画

f:id:HKtaiyaki:20181125030017j:image

 ホラーを観始めたのは大学卒業辺りなので、これまで避けて来た分余計に漁るようになりましたね。でも買っても観てないんじゃ何の意味もないわけで…。

 

Case3:コメディ

f:id:HKtaiyaki:20181125030149j:image

 もちろん僕はコメディ映画も好きなので、こちらもついつい漁ってしまう。ただ、好きなコメディ映画はyoutubeにあるギャグシーンを観ちゃうので、これも中々本編を開けられない要因になってしまっている…。


Case4:怪獣映画

f:id:HKtaiyaki:20181125030012j:image

 日本じゃ高い怪獣映画のソフトもアメリカだと数枚組セットで更に低価格で売られているのでツイツイ手を出してしまう。そして怪獣映画は観たことがあるのがほとんどなので、余計に開封するのが後回しになってしまう…。

 

Case5:邦画

f:id:HKtaiyaki:20181125030117j:image

 怪獣映画と似ているが、日本だと手が出しづらい作品もアメリカだといい値段で売っており、更にクライテリオンだとデザインもオシャレ。まあ、大事なのはケースではなくて中身なのですが…。

 

Case6:予習のため

f:id:HKtaiyaki:20181125030637j:image

 劇場公開作予習のために買ったソフトはその目的ゆえにあまり貯めません。(『ハロウィン』は流石に無理だった。)上記は『オリエント急行殺人事件』が去年公開された時に買ったアガサ・クリスティコレクションの残り。まあ、ポワロシリーズは順次映画化予定っぽいので、そのうち『ナイル殺人事件』は観るとは思う。

 

Case7:好きなシリーズボックス

f:id:HKtaiyaki:20181125030023j:image

 ボックスセットは価格自体が高くても複数枚セットだと1枚あたりの単価が安いので、しかもそれが中古だとめちゃくちゃ手を出しやすくなります。ここにはまだ届いていないので載せていませんが、ハリー・ポッター』8枚セットも昨日アマゾンで注文してしまったので、今お家に向かっています…。別に映画版『ハリポタ』はそんなに好きじゃないんですけど、ブラックフライデー価格が単価で割ると1枚あたり$4だったので…。こういう購買意欲を湧かせる効果があるのもボックスセットの恐ろしいところ。で、やっぱり観たことがあるので開封するのは自然と後手になります…。

 

 

Case8:謎なセット

f:id:HKtaiyaki:20181125030716j:image

 これもボックスセットと理由が似ているけれど、アメリカにはこういう不恰好な抱き合わせのセットが売られていることがよくあり、セットと聞いただけでシュババババ!と走ってしまうのがソフト買いの悲しい性である。

 

Case9:衝動買い

f:id:HKtaiyaki:20181125030350j:image

 いや、衝動買いといえば全部衝動買いなのですが、これらはジャンルが分けられなかったです。『West of Memphis』に至ってはマジで聞いたこともないタイトルだったのですが、アーカンソーを舞台にした3人の子供を殺した罪に問われていた3人の冤罪を晴らすために戦う裁判についてのドキュメンタリーと説明を読んだだけで買ってしまいましたが、もちろん中身を開けなければ実態も確かめられないわけで…。

 

 

 観てないタイトルを数えてみましたが、なんと88作品僕は金を払ったのに開けてもいないことが判明しました。更に現実を見たくないのでここでは伏せましたが、日本でも同じように買うだけ買って見ていない作品のBDをアメリカ(で観るつもりで)持って来ているものも複数枚あり、合計すると100は絶対に超えます。新作映画ですら毎年100を超えられなくてやきもきしているのに、一体どうやってこの未開封のBDを処理するのか分かりませんが、ひとまず全て消費しきるまでは新しいものを買うのはやめます…

 

 と、約束できないのは自分でも分かっていますので、買うときはこの数を頭にいれて、時間がある時になるべく多く見ていくように努力するしかないです。といってもNetflixもHuluもAmazon Primeも入ってるし…ウッ…。

日本のコメディアン世界に羽ばたく

 まあ、もう治りましたが昨日も更新できなかったのはやはり体調不良のせいだったのですが、体調不良だとインターネッツをゴロゴロするしかやることが無い、と書いてて気付きましたが、別に僕は体調が悪く無くたって休日はゴロゴロとインターネッツをして無駄な時間を過ごしているわけで早く治さなければならない悪習だと思うのですが、何はともあれ昨日も昨日とて1日インターネッツをやっていたところ、YouTubeでこんな動画がサジェストされて大層驚いたのです。

 

 ぽっちゃり体型を生かして色んな効果音を奏でることでお馴染みのゆんぼだんぷが『アジア・ゴット・タレント』に出演していたのです!のみならず、これに勝ち残った彼らは、今年はアメリカ版の『アメリカズ・ゴット・タレント』にも出演して観客席を沸かせていました。

 

 とんねるずの「細かすぎて伝わらない選手権」で初めて彼らの芸を見た時は衝撃的で、初登場でそのまま優勝したのも納得でしたが、まさか世界的にウケる芸だったとは…とはいえ、言葉があんまり関係ないからくまだまさしの芸が海外にウケるのと同じ理屈ですね。

 

 で、関連してアメリカで活動を目指す芸人のまとめみたいなのを読んでたんですけど、これまたビックリしたのは横澤夏子が『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』に出演していたという情報。しかも「キーパーソン役」とのことで、しっかりアメリカで『マンマ・ミーア2』を観ていた僕は「嘘やん!!」と我が記憶を疑ったのですが、当該シーンを見てみると…

 

気付かねぇよ、こんなの!!

 

 でもちょっととはいえハリウッド映画に出れたのは凄いという気持ちと、こんなの別に横澤夏子じゃなくても良いんじゃないのか…と複雑な気持ちが同居しております。とはいえ、日本の芸人が海外に目を向けるのは良いことだと思います。「日本の笑いはレベルが高い」って古い考えに固執しちゃう年寄りの芸人ほどみっともないものもないんでね。