映画

パトリオットたちの不思議

是枝裕和監督の『万引き家族』がカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞するという快挙を成し遂げました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180520/k10011445651000.html 是枝監督は僕が日本で通ってた大学の教授でもあり、大教室だったので面識はないだ…

君の名を告げるルーのうた

昨年日本で公開されて話題になった湯浅政明監督の『夜明け告げるルーのうた』がNYでも公開されたので、AMCエンパイアで観てきたっす。 詳しい感想はまた今度にしますが*1、鑑賞中はこちらも日本で話題となり遅れて北米で公開された傑作『君の名は。』との類…

ジョイン・ミー

また今週末に出張が決まってしまい、今月は中々休まる日がない状態でブログの更新も疎かになって大変に申し訳ないです。忙しいとブログが書けない理由というのは偏にインプットが少なくなるので必然的にアウトプットできなくなる、というのに寄るのですが、…

最近観た映画リスト

このリストは完全に私用なのですが、最近Twitterへの感想更新も滞っておりましてもうどの映画を鑑賞したかさえ忘れてしまいそうなので、メモ程度に残しておきます。 Game Night ★★☆ or ★★★ アイアン・ジャイアント ★★★ 犬ヶ島 ★★☆ レディ・プレーヤー1 ★★☆ o…

Taiyakiが選ぶお酒映画ベストテン

今年もワッシュさんが運営する「男の魂に火をつけろ!」ベストテンGW企画がやって参りましたので参加したいと思います。 ここ最近の僕のブログを見ている方なら分かるかもしれませんが、最近は出張続きで今週末も出張が入り合計3週間は休みなし(予定)な日…

『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』を観た

昨日記事に更新しました通り、ネタバレされて激怒した僕は、昨日22:00にNYに降り立ってそのままタクシーを拾って自宅近所の映画館で『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』を観た。あれだけネタバレだなんだとギャーギャー騒いでいたが、ネタバレでこの…

シェア文化くたばれ!!

こちとら2週間ぶっ続けで働いて明日からも仕事で、観たい映画の数々も泣く泣く我慢する生活を送っていたのに、『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』のネタバレをfacebookに投稿してるバカ女がいたんですよ。 ファック・ユー、ユー・ファッキン・ファッ…

アメリカ人はアタリ好き

忙しくて全然ツイッター更新できてないけど、一応映画は見ておりまして、特にここ最近『パシフィック・リム:アップライジング』『犬が島』『レディ・プレイヤー1』と日本オマージュに満ちた映画が立て続けに公開されているのは楽しい限りですね。ただ一つ気…

好まれてこそのボンクラ道なり

個人的に結構衝撃だったのはこのニュース。 『絵文字の国のジーン』『デッドプール』『レディ・プレイヤー1』などで知られるT・J・ミラーがアムトラック内で酔っ払って虚偽の爆弾通報をしたために、FBIから逮捕されてしまいました。現在は保釈金10万ドルを払…

今月のマストシー

最近出張が重なっていたとはいえ、普段でも疲れを言い訳に全然映画を観に行けていない体たらくであります。先月なんか4回しか劇場に足を運んでおらず、観たいと思っていた映画もダラダラ観に行かないまま終わっちゃったりして、このペースは例年に比べるとま…

R.I.P. 高畑勲

映画監督の高畑勲が亡くなりました。 高畑勲作品を本格的に観たのは大学生になってからの不勉強な僕ではありますが、僕は何よりも子供の時に繰り返し観ていた『パンダコパンダ』がとても印象深く残っています。雨に沈んだ家で楽しそうに暮らす少女とパンダの…

今年も星取表始めました

もう4月になってしまいましたが、って書いてて驚愕していますが、今年も星取表を付け始めました。 ここのところ出張続きで映画を全然見れておらずフラストレーションばかりたまっておりますが、なんといっても今週は地を這ってでも『レディ・プレイヤー1』を…

終わらない歌を歌おう

2017年の星取表を去年の2月から更新していなかったことに気付き、昨年の怠惰な自分を呪いつつ昨年観た映画の星取を全部入れ直しました。 この作業で図らずとも再び昨年の映画を振り返ることになりましたが、その過程で更に気付いたことが一つありまして…

特撮日和

昨日ディズニーワールドに行ってきたからか(自分で言うのもなんだがすげー書き出しだ)、なんとなく頭の中がディズニー脳になって今日仕事の合間につらつらと調べていたらですね、東京ディズニーランドのエレクトリカル・パレードには中野昭慶が監督として…

夜空に輝くスクリーン

友人の旅の続きですけども、友人の強い勧めでドライブインシアターに行ったが、これがとにかく最高の映画体験であった。 初めてドライブインシアターに入ったが、チケットは一人5ドルほどで 二本立て(所謂ダブル・フィーチャー)が基本。音は巨大なアンプで…

スピルバーグはやはり天才だった

3月2日に朝日新聞が財務省による公文書の書き換えをスクープしたことを切っ掛けに再び論議の的となったモリカケ問題。 昨年の問題発覚時に安倍首相は「私や妻が関係していたら間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」と述べていましたが、今日の報道では安倍…

第90回アカデミー賞作品賞ノミネート作全部見終わった

今日『ファントム・スレッド』ようやく見終わって記事題名通り。もうてっぺん回ってしまったし明日も仕事があるので、以下全作品一言づつ雑感。 『君の名前で僕を呼んで』 普通。葛藤があんまりないのが微妙で、『ムーンライト』のあとでこれは分が悪い。 『…

ファントム・メナスも19年前

『SNL』で披露されたナタリー・ポートマンのラップを今更ながらみた。 うーん、相変わらず真面目な優等生が無理してる雰囲気が拭えないんだけど、アミダラ女王も歳をとって感慨深い。そしてナタリー・ポートマンが加齢しているということは、順調に僕も歳を…

80年代からの応援

『カン・フューリー』長編映画版に、『ターミネーター』アーノルド・シュワルツェネッガーが参戦!アメリカ合衆国大統領役を演じる模様。ミヒャエル・ファスベンダー、デヴィッド・ハッセルホフ共演、デヴィッド・サンドバーグ監督・主演、今夏撮影開始予定 …

コーエン兄弟を特集したアートギャラリーに行ってきた

題名の通り。このために『ノーカントリー』も予習した。 僕はそんなにコーエン兄弟の作品を見ているわけじゃないけど、コーエン兄弟ってアメリカのポップカルチャーに多大な影響を及ぼしていることを実感して面白かった。あと、やっぱり『ファーゴ』『ビッグ…

男同士でイチャイチャさせろ!

こんな記事を読みました。 「なぜ男性向け化粧CMのような"男同士でイチャイチャする会話や行動"が現実では存在しないのか?」という投稿者の疑問に男性学研究の精鋭、田中俊之先生が答える内容になっております。そもそも日本にいない僕は今放映されている「…

映画秘宝2017年映画ベストテン予想

渡米しても毎月読んでる映画雑誌『映画秘宝』のベストテン号が日本で今週土曜日に発売!今年もベストテンを予想してみようと思う。ちなみに2016年は8本、2017年は7本的中させたので、中々の的中率を誇ります。 【特報】おまたせ!1/20(土)発売の映画秘…

日本版『ドリーム』

去年日本で公開された傑作映画『ドリーム』の原題は『Hidden Figures』でこれは実に巧いタイトルで、「隠された数式」と「隠された人たち」というダブルミーニングになっている。『ドリーム』はアメリカ初の友人宇宙船計画であるマーキュリー計画の裏に携わ…

今、撮るべき映画/『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』★★★

70年代にベトナム戦争の実態を暴いたスクープを基にした『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』を鑑賞。監督・製作はスティーブン・スピルバーグ、脚本はリズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー。撮影監督のヤヌス・カミンスキー、プロダクション・デザインのリ…

こいつら何もわかっちゃいねぇ…

こんなモーメントを見かけましてね。 ケヴィン・スペイシーが「#MeToo」運動で降板してしまい、クリストファー・プラマーを代役で起用して急ピッチの再撮影を行なった『All The Money In The World』ですが、再撮影でマーク・ウォルバーグが150万ドルのギャ…

2008年映画ベストテン

当ブログの年始年末ベストテンネタは最後に10年前の映画ベストテンを再考して当時を振り返るのが通例なのですが、今回は2008年…。今回のラインナップを見て10年という時の早さの怖さが身に染みました。 【2008年映画ベスト】 ダークナイト ローリング・スト…

弟と従妹の2017年映画ベスト

毎年当ブログでは年末年始はベストテンネタで楽なのでしばらく更新を続けるのですが、今年も弟の昨年度ベストテンを聞いてみました。そうしたら、ちょうど日本で家族旅行で一緒にいる従妹も彼女のベストを送ってくれたので今回はそちらも載せましょう。

2018年映画星取表

2018年公開作品の映画星取表です。基本的に鑑賞順です。「オリジナル版」「特別版」「ファイナルカット版」「DVD版」など編集によるバージョン違いも基本的に区別しません。 アントマン&ワスプ ★★☆ The Leakers ★☆☆ インクレディブル・ファミリー ★★☆ …

2017年映画ベスト&ワースト

今年も毎年恒例のベスト&ワーストを選ぶ季節がやって参りました。私事ではついに長かった学生生活を終え、社会人生活が始まりヒーコラ悲鳴をあげている1年でありました。 さて今年は95本の最新映画を観ました。仕事が始まり減るのではないかと心配していま…

2017年コメディ映画ベストテン

明日の映画ベストテンに先駆け、例年通り今年僕が観たコメディ映画ベストテンを発表していきたいと思います。なお、あくまで「コメディ映画」としてのベストテンですので、この順位が明日のベストテンに反映されるとは限りません。