読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2006年映画ベストテン

ベスト&ワースト 自分語り 映画 感想

 4日間連続してベストテンネタで恐縮なんですけども、2006年が10年前ってちょっと驚きませんか?僕当時中学生三年生でしたけども、映画好きになりたてってくらいでしょうかね。まだあの時はベストテンを選ぶ習慣自体もなかったので、選びながら当時を振り返ってみましょうか。下記のリストを参考に選びます。

taiyaki.hatenadiary.com

 【2006年ベストテン】

  1. パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
  2. ユナイテッド93
  3. トゥモローワールド
  4. ロッキー・ザ・ファイナル
  5. ゆれる
  6. 硫黄島からの手紙
  7. 26世紀青年
  8. リトル・チルドレン
  9. カーズ
  10. トリック劇場版2

【総評】

 うーむ、当時を振り返るって言いつつも、当時は今みたいに映画を観てなかったので、半分以上が後にDVDで観た作品ばかりになってしまった。

 

 せめてベストワンは当時大好きだった①にしました。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは映画ファンに嫌われてるけど、今でもゴア・ヴァービンスキーが手がけた最初の三部作は愛してます。食人村からの脱走、水車の中で剣戟、クラーケンなどなど、子供の妄想を莫大なカネをかけてアホみたいなスケールで実現するヴァービンスキー作品は最高だ。この作品だけでも3回は劇場で観た。

 

 ⑥はなんか背伸びしたくて観て、ずーんと心に残った。今でも終戦記念日になんとなく観ちゃう。『父親たちの星条旗』の方は逆にハマらなかった。見返したらハマるんだろうか。

 

 ⑨は一番下の弟を連れて劇場に観に行った。正直そんなに好きじゃなかったけど、時が経って観直すたびに好きになっていった作品かな。素朴な感じがいいよね。その後の『カーズ』フランチャイズはどんどん酷くなっていくけど。

 

 ⑩は逆に今観たら絶対にボロカスにけなすけど、少なくとも当時は楽しんだ気持ちに嘘付きたくないから『DEATH NOTE the Last name』を取り下げて入れました。『デスノート』ブーム懐かしいなぁ、皆レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「ステイディアム・アーケイディアム」借りたよね。

 

Stadium Arcadium

Stadium Arcadium

 

 

【2006年ワースト】

  1. バブルへGO!タイムマシンはドラム式
  2. UDON
  3. ナイトミュージアム
  4. 涙そうそう
  5. ラフ ROUGH
  6. かもめ食堂
  7. ゲド戦記
  8. DEATH NOTE

【総評】

 10本も嫌いな作品がなかったので、これくらいで。

 

 ①は愛するバック・トゥ・ザ・フューチャー』の下手くそなパクリで死ぬほど嫌いだった。でも父親が何故か気に入ってて、DVDを買って毎日のように家で流すから本当に勘弁して欲しかった。

 

 ②は本広克行好きな友人がハマっててその影響で観たけど、何が面白いのかコレっぽっちも分からなかった。その友人と一緒になって『踊る大捜査線』に当時めちゃくちゃハマってたけど、映画版が作られてるたびにつまらなくなっていって、映画秘宝の影響も強く受けるようになって次第にアンチ本広と化していった。それなのにまさか去年のベストワンに本広作品を選ぶようになるとは、人生どうなるか分かりませんね。

 

 ③に始まる『ナイト・ミュージアム』シリーズは結局全部観てるけど、子供騙しすぎて好きになれない。中学生がハマれなかったって相当だぞ。

 

 ④、⑤みたいな長澤まさみ映画いっぱいあったなぁ。

 

 ⑦は散々叩かれていたりテーマ曲のせいで色々と話題になっていたけど、実は観たのはそれからずいぶん経ってから。

 

 正直⑧は今はそんなに嫌いではないが、当時は中学生ということもあって原作の違いばかり気になって憎むほど嫌いだった。原作をそのまま映像化するのが映画ではない、ということを教えてくれたのもまた『DEATH NOTE the Last name』だった。

 

 あと当時といえばなんだろうなぁ。あ、そうそう、僕昔から趣味でホームページとか作ってたんだけど、そこの掲示板に女友達がその子の嫌いな友達のブログかなんかのURL貼っつけて、僕の掲示板に遊びに来る女友達全員が散々その子の悪口書いてたんですよ。まあ僕はよく知らない女の子だから放っておいたんですけども、そうしたらアクセス解析逆探知されて、その女の子から苦情メールが来て困り果てる、という事件がありましたね。今にして思えば僕のウェブサイトが学校裏サイトになってしまっていたんだなぁ、申し訳ない。学校裏サイト、という響きがもう懐かしいですね。

 

  

少女 (双葉文庫)

少女 (双葉文庫)

 

 

taiyaki.hatenadiary.com