読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タダでPV撮らしてくんない?

 最近友達に教えてもらったユダヤ人ラッパーのリル・ディッキー(Lil Dicky:ちっちゃいちんぽ)が面白い。

f:id:HKtaiyaki:20170125153925p:plain

 彼はミスター・レフトワード・スローピング・ペニス(Mr. Leftward Sloping Penis:ミスター・左曲がりちんぽ)やヤング・ディック(Young Dick:幼いちんぽ)という変わり名も持っていて、その芸名から分かる通り彼はコメディ系のラッパーだ。2013年にデビューした「Ex-Boyfriend(元カレ)」という曲で、彼女の巨根の元カレに嫉妬する心境をユーモラスに歌って注目を集めた。

 

 彼がマリファナでバッドトリップを起こした時の気持ちを歌った曲「Too High(ハイになり過ぎた)」のMVはまさにハイになった状態をカメラワークや広角レンズで再現されている。ちなみに「Ex-Boyfriend」も「Too High」も『So Hard(めっちゃ硬い)』というアルバムに収録されている。ちんぽにこだわり過ぎだよ!

 

 このようにリル・ディッキーは曲だけでなくMVも趣向を凝らしていて面白いのだが、僕が特に気に入ったのは「セイヴ・ダット・マニー($ave Dat Money:節約しよう)」。このMVは曲名通り「いかに一切金を払わずして豪華なMVが作れるか」をコンセプトにしていて、曲の合間合間に実際にロケ地やランボルギーニの借用を交渉している様子を挿入している。そして出来上がったMVは笑っちゃうほどヒップホップのMVあるあるで確かにすごく豪華!

 

 クリエイティブなMVはOKGOとかが有名だけど、製作過程自体がクリエイティヴなのは新鮮だ。リル・ディッキーはヒップホップ専門誌XXLでも注目のアーティストに選ばれており*1、今後の活躍が楽しみだ。それにしてもユダヤ系でお笑いやってる人たちのこの安心できるボンクラ感は一体なんなんだろうか…。

 

Professional Rapper

Professional Rapper

 

 

*1: