読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂ってるのは俺か?それともこの世界か?

 終末時計が残り2分半に近づいたことで賑わっています。

 

 しかし字面の不吉さに反して「終末」や「世紀末」という言葉にワクワクしてしまうのは何故なんでしょうね。パッと誰もが思いつくのはやはり『マッドマックス』でしょうか。

 

 『猿の惑星』シリーズも終末映画と言っていいかもしれません。『続・猿の惑星』のラストにはビックリしたなぁ。

続・猿の惑星 (字幕版)
 

 

 深作欣二が手がけた和製SF『復活の日』も邦画とは思えない壮大なスケールでウィルスにより絶滅の危機に瀕した人類を描いています。 

 

 少し変わった終末映画としては、地球滅亡の日にスティーブ・カレルとキーラ・ナイトレイが思いがけない出会いをするSFロマコメ『エンド・オブ・ザ・ワールド』があります。

エンド・オブ・ザ・ワールド DVD

エンド・オブ・ザ・ワールド DVD

 

 

 

 世界が終わるって?じゃあ生き残った仲間でパーティするか!とボンクラ極まりない思想で作られた『ディス・イズ・ジ・エンド』もオススメです。

 

 こうして好きな映画を並べてると「あれ?終末も悪くないんじゃない?」と錯覚してしまいますが、現実にはコレですからね。

 

全然ワクワクできねぇよ、全く!