ブックマークしていた映画ブログが軒並み無くなった

 最近、WebブラウザーをChromeから話題のArcに切り替えた。Arcは革新的ブラウザでこの凄さをいつかレビューしたいと思うんだけども、ArcはChromeと同じブラウザエンジンを使っているようで、Chromeからそのままブックマークを移行できる。

 

 ブックマークと言っても、Chromeもよく使うWebサイトはトップに表示されていたし、最近はもう滅多にアクセスしなくなっていた。大体10年くらい前から保存していたブックマークフォルダを久しぶりに開いたら懐かしい気持ちになったのだけど、当時よくアクセスしていた映画ブログが半分くらい無くなっていて、驚きと共に寂しい気持ちになった。

 

 僕が映画ブログを始めたのは勿論当時アクセスを多く集めていた映画ブログや個人サイトに憧れていたからだけど、当時からベテランだった映画ブロガーたちはSNSやNoteが主流となってしまっていつの間にかいなくなってしまった。「はてなダイアリー」も全部「はてなブログ」になっちゃったし、Yahoo!映画もジオシティーズも無くなった。

 

 よくよく考えたら、僕もはてなブログを10年以上運営していて、気がつけばベテランの域だろう。映画の感想などの質は全く上がらないままで、惰性で薄い内容の更新ばかり続いているが…。

 

 僕が毎日映画ブログを更新しているのはワッシュさんの『男の魂に火をつけろ!』に影響されてだけど、『男の魂に人をつけろ!』も更新が止まってから久しい…。インターネットの隅っこの方で、映画ブロガー達の消えかけたトーチを持って走り続ける使命を勝手に感じている。

 

 

遂に終わったのだ…!

 昨日で5月から参加していた作品の撮影が終わり、疲れが溜まりに溜まっていて昼過ぎまで爆睡してしまっていた。本当に酷くグダグダな制作体制で、最後の最後のクランクアップの瞬間まで酷く、とあるスタッフは「これがこの組みの全てを象徴しているよ」と吐き捨てるように言いました。

 

 しかし今回、グダグダだからこそ僕は非常に勉強になった現場で、むかついたりイライラしたりしながらも毎日楽しくはやっていました。よく言われる例えですが、映画制作というのは暴走機関車のようなもので、一度走り出したら目的地に着くまで走り続けるしかありません。しかし、その列車を指揮する運転手のリーダーシップが劣っていると、時に脱線しかねない酷すぎる事態になり得ることを学びました。今回は監督だけでなく、プロデューサー、チーフ助監督など強力なリーダーシップが発揮されるべき人々が最低最悪にナァナァだったために、全キャスト・スタッフにかかるストレスが極限まで達していました。

 

 一方で、いい現場からいい映画が必ずしも生まれないように、酷い現場だからって酷い作品ばかりが生まれる訳でもありません。僕は今回の作品の脚本を読んでも実際の撮影を見ても全くピンと来ませんでしたが、もしかしたら編集次第で素晴らしい傑作が生まれるかもしれません。ただ、僕が指揮を取るとしたら自分の現場は常に良い環境であろうと、と強く決意するのでありました。そう言った意味で学ばせてくれてありがとう、クソ現場よ

 

 

怒ってもしょうがない

 今日の現場は本当にイライラしまして、僕が演出部としてのキャリアを始めてから1番イライラしてしまったかもしれません。ただ、こう言う時に怒鳴ってやろうと言う気は起きないんですね。日本の撮影現場では誰かしら怒鳴っている事が多く、僕もそう言った場面にたくさん遭遇してきましたが、僕にAD業を教えてくれた恩人は「怒鳴る理由が分からない、怒鳴ってもエネルギーを使うだけで疲れるし、現場の士気は下がるし、怒鳴ったところで何も解決しないから時間の無駄」とよく言っていました。本当にいい人に教えられて今の僕があるんだなと思いました。

学生時代に撮った怪獣映画を公開しました!

 今週もやはり忙しすぎて新作コントを撮る事ができませんでした。2週連続の体たらくて本当に悔しいです…!その代わりと言ってはなんですが、僕が学生時代に撮った怪獣映画を公開することにしました。

 

 僕は大学時代の4年間を全て映画制作に打ち込んでいたと言っても過言ではないと思いますが、この作品は当時の集大成となっている作品です。当時東宝の特撮シリーズにハマっておりまして、なおかつ恋愛でゴタついて人間不信に陥っていた時期に作った作品なので、その人間不信な感じが芥川龍之介の『藪の中』とマッチングして生み出された怪作だと思っております。まあ、大元は「学生映画で怪獣映画作ったらすごくない!?」というところから来ているので、怪獣ファンの皆さんには楽しんでみていただければと思います。

 

 また、動画冒頭でもお伝えしていますが、今月6月中にチャンネルメンバーシップを始めたいと思っております。『SKITBOOK』は大掛かりなコントを作る際、1コントあたり10万円の費用がかかっております。これをどうにか回収していかないと継続できないので、この度開設することにしました。もちろん、せっかくのメンバーシップなのでメンバーにしか見れない動画なども作っていく予定ですので、ご期待ください!なお、メンバーシップはまだ特典などを準備中ですので、正式にリリースが決まったらまたアナウンスさせていただきたいと思います。

 

 

 

海辺…

 本日撮影で海辺に行きました。今年初めての海です。台風一過で天気が良くて、余計に撮影で海に来ている事に気が滅入りました。そして案の定夜遅く終わりました。明日は休日、しかし案の定スケッチブックのアイデアがありません…。