台湾人妻の2023年映画ベスト10

 諸々の大事件のせいで全然正月らしい更新ができませんでしたが、例年身内のベストテンを正月の最後に発表するのが当ブログの恒例ですので、今日は奥さんのベストテンを紹介したいと思います。僕のベストテンは下記の記事からどうぞ!

 

 

【奥さんの2023年映画ベストテン】

  1. フェイブルマンズ
  2. Oppenheimer
  3. キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン
  4. マイ・エレメンタル
  5. 西部戦線異常なし(1930年版)
  6. 私はさいあく(2021年)
  7. 怪物
  8. ウーマン・トーキング
  9. 逆転のトライアングル
  10. バビロン

撮影賞:アフター・サン

 

【解説】

 対象は2023年の新作だけでなく、旧作も含めて2023年に鑑賞した映画全てだそうです。夫婦で映画をよく観にいくので、被っている映画がちょくちょくありますね。とはいえ、基本的には趣味趣向が全く違い、特に嫁さんはスピルバーグが苦手なんだけど、①が被ったことが驚き!あと、僕の知らない間に観に行っている映画もちょくちょくあり(⑤、撮影賞など)、数年前まで映画を全く観なかった人とは思えないラインナップ。

 

 なお、わざわざ部門を立ててまで選んだ『アフター・サン』ですが、父と娘の旅行の出来事をドキュメンタリーのように撮影していて、フィルム撮影の他にハンディカムも多用していて、言葉ではなく映像で物語を想像させ、あたかも観客がその場に存在しているかのような撮影手法に感銘を受けたとのこと。ちなみに、「僕は絶対に寝る映画」だそうです。し、失礼な!

aftersun/アフターサン [Blu-ray]

aftersun/アフターサン [Blu-ray]

  • ポール・メスカル,フランキー・コリオ,セリア・ロールソン・ホール
Amazon