皆Twitter辞めよか

 選挙のたびに痛感するのは、TLは世論ではないという事だ。あなたのTLがあなたと良く似た意見ばかり並んでいるのはX社やMeta社がアルゴリズムによる幻影である。僕のTL通りの世の中だったら自民政権なんかとっくに終わってるし、小池都政の3期目なんか訪れることは無かった。

 

 しかし、現実はそう甘くはなく、何故こんな結果になってしまったか熟慮する必要があると。SNSというぬるま湯に浸っている場合ではないのだが、気になるのは「大手メディアは信用できない」という意見である。

 

 これは選挙当日にも見られ、出口調査を行うマスコミ各社を嫌悪する人をトレンド欄で見かけたのは意味不明だった。なんなら「操作しているから協力しない」「人を選んで調査している」などと言った書き込みまで発見した。ちょっと考えればその憂慮は無駄であるのは明らかで、だってマスコミ各社はできるだけ正確な結果を出さないと自社の信用度に関わるのに、出口調査で嘘ついたって意味がないからである。

 

 もちろん、マスコミだってミスをする。同じく選挙当日話題となったのは、『アッコにおまかせ!』で「選挙当日は投票券が必要」「名前は登録通りに漢字なら漢字で書くべし」と事実と異なる情報を流したため、総スカンを食らった。単純にコーナーを担当したディレクターのリサーチ不足だと思うが、こんな意見を目にした。

f:id:HKtaiyaki:20240709011346p:imagef:id:HKtaiyaki:20240709011420p:image

 なんというか、絶句した。世界がこんなふうに見えていて楽しいのかな?とすら思う。繰り返すが、こんな信頼を落とすような事をわざとやったとして、TBSにメリットは何一つない。こんな1コーナー1コーナー目を通して妨害戦略をするほど電通もディレクターも暇ではなかろう。というか、こんな見え見えの工作やってるとしたらバカとしか言いようがない。

 

 メディアは100%信頼できるものではない。もちろん、ルパート・マードッグなどメディア王と呼ばれる人間が右派的なニュースやプロパガンダを流している事例はある。が、こんな細かいミスまで槍玉にあげてメディアを何か大きい存在に支配されていると考えるのは最早陰謀論者の考え方に近い。何度か言っていることだが、どんだけ大手メディアが偏向していようがが、僕はイデオロギーに囚われて裏ドリもせず勝手な事ばっかり呟いているインフルエンサーよりも100倍増しだと思っている。

 

 何が悲しいかって、町山氏はそう言った陰謀論者を指摘して正してきた側の人間だったはずだが、近年の氏はTwitterのせいで評判も信用も大分落としてしまった。僕はイーロン・マスクTwitter買収して好き勝手色々やってきたムーブは本当にムカついたが、ここまできたらもっとド派手に暴れ回って一回Twitterをぶっ壊して使えなくして欲しい。そうした方が、世のため人のためになるのではないだろうか。