人は自分が信じたいものしか信じない。

 今、海外の『スター・ウォーズ』ファンの間で「『スカイウォーカーの夜明け』ルーカスカット」なるものの存在が真しやかに囁かれている。事実として、『スカイウォーカーの夜明け』は現行のバージョンの他、ディズニーが複数の編集バージョンを用意していて、試写で観客の反応を見た結果、昨年公開された形となった。

 

 そうした中でJ・Jエイブラムズのディレクターカット版が存在するという噂もあったが、今ファンの間ではディズニーはシリーズの生みの親ジョージ・ルーカスが編集したバージョンも存在し、ヘイデン・クリステンセン演じるアナキンが登場するなど、現在の『スカイウォーカーの夜明け』とは40%も内容が違うと信じられている。しかも、そのカットは2023年にディズニー+で公開予定だと言うのだ。

 

 はっきり言って、この情報を出しているのはどれも映画オタクブログやYouTuberで、信ぴょう性の高いまともな映画ニュースサイトはどこも報じていないので、ガセである可能性が非常に大きい。しかし、それにしてはあまりにも大多数のファンに支持されている噂で、何故このような眉唾物な噂が信じられているかと言うと、シークエルシリーズが多くのファンの落胆を買ったことと無関係ではないと思う。自分たちが子供の時から愛していたシリーズの結末が、期待を裏切るものになってしまった。そうした事実を打ち消したいファンが、藁をもすがる思いで「ジョージ・ルーカス・カット」を待ち望でいるのだろう。ちょうど、DCファンにスナイダーカットの『ジャスティス・リーグ』が帰ってくるように。

 

 僕はこのファン心理は、新型コロナウイルスにおけるインフォデミックにも適用できると思う。今朝、母親が家族LINEにコロナ陰謀論ブログを共有してきて、その中身は「コロナはただの風邪」「メディアは本当のことを報じていない」「PCRはパパイヤやヤギやウズラの卵でも陽性反応が出る」といった、典型的な内容で非常に頭を抱えた。

 

 同日、Twitterでは「クラスターフェス」という、にわかに信じがたいイベントが渋谷で行われていることが話題となった。どうもこのフェスの主催者も「コロナはただの風邪」と思っているらしく、マスクの着用は意味がないと主張しているし、ソーシャルディスタンスも三密回避も全部デタラメだと信じている。彼らはノーマスクで山手線を一周する傍迷惑なデモまで行ったそうだ。

news.nicovideo.jp

 

 そして、これは世界的に起きている事象で、アメリカでは南部を中心にマスクを「信じない」人が大多数いるし、ドイツでもマスク反対デモが起きたし、ナイジェリアでは多くの人がコロナはガセだと思っている。『スカイウォーカーの夜明け』に落胆したスター・ウォーズファンと同じく、彼らもまたウイルスにより生活が制約されてしまった現実を受け入れ難く、陰謀論にハマってしまった。

 

 正直その気持ちは痛いほどよくわかる。僕だってマスクは息苦しいし、できれ真夏にマスクつけて外に出かけたくない。政治家は嘘つきばっかりでメディアも忖度しているし、何が真実かは見えづらい。『ザ・ルーム』のスプーン上映だってできなかったし、日本に帰ってからやりたいプランが軒並みできていないので、コロナなんか起きなければ良かった。

 

 しかし、だからといって、自分の都合の良い情報だけに気持ちよく浸っているのは、辛い現実から目を背けているだけに過ぎず、何の解決にもならない。そして『スター・ウォーズ』と違い、新型コロナウイルスは多くの人の命がかかっている。とりあえず、一刻も早くこのパンデミックが収束するためには、我々一人一人がコロナが蔓延っている現状と向き合い、弱者にウイルスをうつらせないような責任ある行動を取るしかない。そして感染収束に協力するから政府は早く補償とまともな対策しろ。

 

撮影してました!

 昨日も書いた通り、次の『SKITBOOK』用に撮影をしましたが、今回は感染状況を鑑みて全て一人で担って家で撮影しましたが、もう完全にナメてました。というのも、一人で照明組み立てて三脚立てて録音してピント合わせてカメラ回して演技して、ってだけでも大変なのに、部屋を撮影用に改造して、更に今回は老けメイクを施す必要があるので、初めて自分でファンデーション使ったりメイクアップペンで自分にメイクまで担当して負担がヤバかったです。

 

 なので、本来は自分一人で撮影するから何の制約なくできるはずが、撮影準備が全て整った頃には23:00!そこから自分の演技を毎カットごとに確認して、云々カンヌンしているうちにもう3:00ですよ!一人で自分にブラックしてるよ!意味わかんない!ということで、今日は寝ます。

一人でもできる映画の撮り方

一人でもできる映画の撮り方

 

 



撮影もリスキー

 今日は1日アイドルの映像の編集をしていて、疲弊しましたのでメモ程度に。次の『SKITBOOK』の撮影をそろそろしないといけませんが、感染者数が流石にシャレにならない状態なので、次は撮影から出演まで全部一人でやる方向で考えています。今だから言えますけど、前回の「映画バー」と「ブラック・ライブズ・マター」の撮影は同日撮影していて、「コロナなんかに負けてたまるか!」と奮起していたのですが、いざ撮影して見ると結構密な状況ができてしまって「何かあったらどうしよう……」とビクビクしていました。常に換気したり、画面に映っていないキャストは外に出したりしていたんですけど、それでも二週間ばかしは念のため外出するのをやめました。その頃、世間では有村昆の舞台がクラスターを引き起こしていて超バッシングされていましたが、正直他人事ではなかったです。結果、我々は何もなかったからよかったものの、これからは一層気をつけて臨んでいきます。それにしても、日常はいつになったら訪れるのか…。

透明人間史上、最も見えない。/『透明人間』★★★

 ユニバーサルのクラシックモンスター映画をブラムハウスがリブートした『透明人間』を鑑賞。監督・脚本は『アップグレード』のリー・ワネル、製作はジェイソン・ブラム。主演は『アス』のエリザベス・モス、共演にオリヴァー・ジャクソン=コーエン、オルディス・ホッジ、ストーム・リードら。

f:id:HKtaiyaki:20200807004119p:plain

続きを読む

俺たちゃ透明人間なのさ

 本日はまた近所の徒歩で行ける映画館で『透明人間』観に行きました。*1Twtterを見た方はお気付きかもしれませんが、これに合わせて最近『透明人間』映画マラソンをしています。最新作の感想はまた明日呟きますけど、時代に合わせて「人体の透明化」の設定が変わっているのが非常に面白いと思いました。

 

 1933年版は化学薬品、少し飛んでジョン・カーペンターの1992年版は量子実験の失敗、ポール・バーホーベンの『インビジブル』(2000年)は生体実験、そして今回のリー・ワネル版『透明人間』は……って危ない危ない、ネタバレするところでしたが、まだ未見の方はそこを意識しながら見ると各年代で観客がSFに感じるリアリティラインの移り変わりが見えて面白いと思いますよ。

 

 詳細な内容については、またブログ書きます!(本当だろうな、てめー!?)

透明人間

透明人間

 

 

*1:最近、映画館に人がいなくて安心して観れる反面、ちょっと心配にもなります