TikTokが眩しい

 『ザ・ルーム』の各種SNSアカウントは大体の映画ファンには知れ渡ったと思うので、市場を新規開拓すべくTikTokを開設してみた。というよりかは、巷に聞くTikTokというメディアの勉強のつもりで作ってみたので、あまりマーケティング効果は期待していない*1が、これがもう僕のようなひねくれた人間には眩し過ぎる世界観だった。

 

 TikTokは中高生の人気のアプリということで、誰かの注目を浴びたい、ウケを狙いたい、可愛く見せたい、そんな自己承認欲求の塊で作られた映像で溢れかえっている。いや、単なる自己承認欲求だったらこうしてTwitterやブログに書いている僕とも変わらないが、TikTokの場合は自我同一性をまだ確立していない子供達の自己承認欲求なので、瑞々しく正視するのが困難だ。カメラの前で踊るティックトッカーたちが10年後、自分の動画を見て恥ずかしくならない人はどれだけいるだろう。

 

 でも、僕はそれはなんら間違っているものではないと思う。だってそれが普通の中高生だし、成長に必要な過程だから。自分が中高生だった時には既にインターネットがあり、「スター・ウォーズの鉄人!」だったり「ポケモン徹底攻略」の掲示板にしょーもないことを書き込んでいた。今の子供たちとはフォーマットが違うけれど、要するに同じことをしていたのだ。僕以降の若い世代にはたまたまネットがあったから記録として残ってしまうけれど、それ以前の世代だって絶対学校や地域に目立つようなことや、わざとらしく注目を浴びるようなことをしていた訳で。

 

 だから意地悪く「最近の若者は〜」的なことを言うのは避けたいが、代わりにTikTokに載っている元気な映像を見るのが恥ずかしくなった年齢になってしまったんだ、ということをしんみり自覚して生きていきたい。

 

 ちなみに、『ザ・ルーム』の公式TikTokは下なんで、良かったらどうぞ。もっとフォロワーが増えたらモチベーションが上がると思います。ジョニーの。

vt.tiktok.com

 

TikTok

TikTok

  • 発売日: 2020/02/16
  • メディア: アプリ
 

 

*1:そもそも、中高生の多いTikTokに、自主規制R18+指定の『ザ・ルーム』のマーケティング効果がある訳ない。

【ニワカNBAファン便り#3】NBAオールスター2020開幕、映画ファンはセレブリティゲームに注目!

 NBA球宴であるオールスターウィークエンドが開始!初日は今シーズンリーグで活躍しているルーキーたちと2年目の選手が激突するライジング・スター・チャレンジ。

 

 2015年からはアメリカ出身選手で構成されるチームUSAと、外国人選手で構成されるチームWORLDが対決する大会となり、日本からは我らが八村塁が、他にもモンスター級の新人ザイオン・ウィリアムソンや新人王候補ジャ・モラント、2年目にしてスター級の活躍を見せるルカ・ドンチッチやトレイ・ヤングなど、大注目な一戦で期待通りに盛り上がった*1。最後の日に開かれるオールスターがアベンジャーズだとするなら、ライジング・スターズ・チャレンジはヤング・アベンジャーズだ。

 

 が、しかし!実は日本のメディアが全く無視しているイベントがライジング・スターズ・チャレンジの前に開かれている。コメディアンや俳優、アーティスト、実業家、WNBA選手などの有名人・セレブがチームとなって試合を行うセレブリティゲームだ。映画や音楽などスポーツとは無縁なサブカル好きはこっちにこそ注目すべき。なんてたって、今年のチームキャプテンはそれぞれラッパーのコモンとチャンス・ザ・ラッパーが勤めたのだ!

 

 今年のセレブリティゲームのロスターは以下の通り。個人的な注目は『TAG タグ』に出てたハンニバル・バーエスSNLに出てるモノマネ芸人アレックス・モファット、あとワイドショーが大好きな「日本にゆかり」のあるケイトリン・オオハシだって出てるじゃないか!何故もっと報じられないんだ!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

‪Team captains @chancetherapper & @common headline #RufflesCelebGame rosters for coaches @stephenasmith & @RealMikeWilbon! ‬

NBA All-Star Weekend(@nbaallstar)がシェアした投稿 -

 

 なお、今年はESPNの名物怒りんぼキャスターのスティーブン・Aとマイケル・ウィルボンが各チームのヘッドコーチを務め、結果はチームウィルボンの圧勝でキャプテンのコモンがMVPを受賞。

 

 ちなみにNBA観ていて分かったことだが、NBAはヒップホップとの相性が良い為かセレブのファンが多い。特にコメディアンのケヴィン・ハートは有名で、熱心な76ersファンの彼は2012年から2015年と4年連続でセレブリティゲームに出場し*2、爆笑をかっさらってきた。身長163cmととてもバスケには向かない体格でちょこちょこコートを走り回るのが既に面白いのだが、毎年数々の珍シーンを作り出している。

 

 初出場の2012年のオーランド大会では東部代表として出場。第4Qで判定にブチギレ、汚い言葉で審判を罵った為に退場となり、ジャージーと靴をその場で脱ぎ捨てた。そして8点、6アシストしかとっていないにも拘らず、ケヴィン・ハートはMVPを受賞

 

 2013年のヒューストン大会では西部代表として出場。試合前には東部のヘッドコーチを務めたラッセル・ウェストブルック(ファンション好きで有名)のパンツを「史上最も醜いパンツ」とディスるタイムアウト中の催しでウサイン・ボルトとのレースでフライングして勝利、ブルズのマスコットと喧嘩。また、本年も5点、3リバウンド、1アシストしかとっていないケヴィン・ハートがなぜかMVPに選出。

受賞スピーチでは「バスケはリーダーシップのスポーツ。俺はリーダシップでチームを勝利に導いた。まずはマイケル・ジョーダンに僕の才能を享受してくれたことを感謝する

「マイケルはあなたの父親なんですか?」

「いや、よく彼についての話を読んだだけです」

 

 ニューオーリンズで開かれた2014年大会には西部チームとして出場。スヌープドッグに完璧なアシストを渡すなど、意外な活躍。例年通り、7点4アシストしかとってないのにまたもMVP受賞。しかし「謙虚」なため、元プロバスケ選手でダブルダブルの活躍をした同時の米教育長官のアーン・ダンカンにMVPを譲る。(記録上はダブル受賞)


 そして東部チームに移った2015年のNY大会。「黒人歴史月間に黒人の歴史を見せてやるぜ!」と意気込み、両チーム最初の得点を華麗にレイアップで決める。終始リトルリーグピッチャーのモネー・デービス(当時15才)を大人気なく挑発してヒールっぷりを見せつけるも、彼女に普通にブロックされたりゴールを押し込まれたりコテンパンにされる。しかしこの年は気合いを見せて自身最高記録の15点を記録し、4度目のMVPを受賞する。さらにセレブリティゲームからの引退まで宣言。*3「もうこれ以上はできない・・・コービー、レブロン、そして俺。文字通り最も偉大な選手だ」

 

 しかし、初のカナダで開かれた2016年大会。引退宣言したのもつかの間、チームUSAのヘッドコーチとして登場したはずのケヴィン・ハートは後半に選手として勝手に出場!しかし、残念ながらMVPはウィン・バトラーの手に渡ってしまった。この年以降、ケヴィン・ハートはセレブリティゲームに出ていない。


 正直僕がNBAファンになったのは今シーズンからなので、「2億4千万のものまねメドレー選手権」における日村みたいな役割をケヴィン・ハートが担っていたのはYouTubeで動画漁ってて知った。もっと早くからファンになってればこうしたお遊びも楽しめたのになぁ、とちょっと後悔。やっぱりNBAはエンタメとして面白い!

セントラル・インテリジェンス C.I.A.(字幕版)

セントラル・インテリジェンス C.I.A.(字幕版)

  • 発売日: 2018/04/28
  • メディア: Prime Video
 

 

*1:個人的には試合終盤、自然発生したダンクコンテストザイオン・ウィリアムソンが3回ミスり、その後ジャ・モラントもミスって最後にダンクしたブランドン・クラークも外したのが最高に面白かった

*2:なお、2004年の大会にも出場している

*3:この引退にはセレブリティゲームでいつもケヴィン・ハートに絡んでくれていた名キャスターのスチュアート・スコットがこの年に亡くなったのも関係しているのかもしれない

ギブミー・チョコレート!

 今日一歩も家から出なくて一日中パジャマだったんですけれども、そう言えば今日はバレンタインデーでしたね。ある意味家から出なくて正解だったかもしれません。

 

 振り返ってみると、自分はバレンタインデーの時期に恋人がいたことは一度たりともなかったですね。いや、正確にはある年にいたけど遠距離恋愛だったからか実感がなくて、その時付き合っていた相手も中国人の方で、中国だとバレンタインデーはどうも男の方から女の人にプレゼントする日だったらしく、僕はその辺まったく疎かったので何もしませんでした。(今考えるとその積み重ねで後のスーパー倦怠期に繋がったのかもしれない。当時住んでたアメリカだとバレンタインデーにどっちがどっちにプレゼントするか、というのは関係ないので、自分から何かすれば良かったんですよね。という反省は今更してもしょうがないのだ!

 

 そういう意味では、僕は本命チョコというものを貰ったことがないんですね。まー、もういい年なんで、チョコやバレンタインデーくらいで一喜一憂はしないんでどうでも良いっちゃどうでも良いんですけど、でもそれは多分ずっと家に引き篭もっていた余裕から書けることなので、きっと外に出てカップルだらけの街を見ていたら心的ダメージがまた違っていたことでしょう。いっそ、バレンタインデーの日は平等にアメリカ軍がトラックでチョコレートを市井の人に配ることにしません?

f:id:HKtaiyaki:20200215014513p:plain

 

 

この世界の片隅に

この世界の片隅に

  • 発売日: 2017/04/26
  • メディア: Prime Video
 

 

アフター6ジャンクションに投稿採用!そして改名しました......

 えー、聴きながら震えていたのですが、なんと!TBSラジオの看板番組ことアフター6ジャンクションの「シアター・一期一会」のコーナーで、僕のメールが読み上げられて『ザ・ルーム』を紹介してもらえました!聞き逃した方は、Radikoのタイムフリー機能で1週間後まで聞けると思いますので、是非是非。2/12水曜日の19:00-20:00の枠で大体最後の方ですね。

 

 この間は映画秘宝に『ザ・ルーム』を紹介してもらえましたが、今度は映画秘宝と同じく大学時代にウィークエンドシャッフルだった時から聞いていた宇多丸さんのラジオにまさか紹介してもらえるとは思わず、ここ最近は人生の総まとめ感があってひょっとして死期が近いんじゃないかという要らぬ心配をしてしまいますが、えーい、死んでたまるか!これからこの勢いのままチャーリーズ・エンジェルみたいにフルスロットルで行きますよ。

 

 

 ところでですね、まあなんとも自分らしいミスなんですけども、ラジオにこの投稿をする際、僕はTaiyaki名義ではなくて誤って本名で送ってしまったのですね。優秀なスタッフさんたちの配慮なのか、苗字までは読み上げられませんでしたが、おかげで僕の本名「ヒロキ」が全国放送の番組の電波に乗ることとなってしまいました。

 

 僕は小学校の時からインターネットにどっぷりだったので、自分の個人情報に関わることをネットに出すことは正直抵抗があり、FacebookですらネットネームのTaiyaki名義で登録しています。僕のブログは結構主張が強かったり日常のことや会社や映像業界の愚痴も書いていたりするので、身バレも嫌でしたし。

 

 が、例えばこのブログにも僕が過去に撮った映画のリンクを貼ったりしていますが、そっちにはガッツリ本名が出ていることですし、将来的にはもっと映画撮ったりして名を出して行けたら良いなぁとは薄ら思ってはいました。会社も辞めてやったし!

 

 今回は思わぬアクシデントでしたが、中々良い切掛だとは思いますので、10年以上使っているこの 「Taiyaki」というネットネームを改名しまして「Taiyaki a.k.a ヒロキ」としてインターネット上では活動していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 

 呼び方は昔通りTaiyakiでもタイヤキでもIDのHKtaiyakiでもヒロキでもTaiyaki a.k.a ヒロキでもなんでも構いません。まあ、ガワは変わっても中身はそのままなので、これからもいつも通りよろしくお願いします!

 

ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門

ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門