R.I.P コービー・ブライアント

 僕は今NBA関係の翻訳の仕事をちょこちょこしているですが、寝ぼけてLINEを開くと緊急の翻訳依頼に一気に眠気が覚めたのでありました。もちろん、このニュースに関連した翻訳です。

www.afpbb.com

 

 僕が今NBAにハマる前に実は一度だけとても短い間NBAに「ハマっていた」時期がありまして、それは僕が初めて『スラムダンク』を読んだ高校生の時でした。頑張って朝早く起きるNHKBS1だかWOWOWだかでNBA中継がやっていて、コービー・ブライアント率いるレイカーズの試合を観ていました。結局その頃の僕にNBAはまだ早く、その内熱心に観るのも辞めてしまいましたが、二人の弟はその後もずっとNBAファンであり続けて中高大でバスケをプレーし続けました。特にコービーファンだった社会人である真ん中の弟は今もまだ会社のサークルでプレーしています。

SLAM DUNK 新装再編版 コミックセット

SLAM DUNK 新装再編版 コミックセット

  • 作者: 
  • 発売日: 2018/06/01
  • メディア:
 

 

 正直、当時眠い目を擦りながら観ていた試合に出ていた他の選手は全く覚えていません。だけど、そんなニワカの僕ですらコービーの強烈さを覚えているという事や、僕に限らず、バスケファンでなくても今日の訃報を聞いて驚いた人がたくさんいることが、逆説的にコービーのスター性を物語っていると思います。

 

 高校を卒業して10年経ち、何かの縁で去年からNBA関連の仕事をするようになり、僕の中でNBA熱が再熱しました。本格的にハマってから改めてYouTubeで観るコービーの過去のハイライト映像は凄まじく、何故彼がここまで伝説的に語り継がれているか知りました。コービー・ブライアントWikipedia記事のキャリアを説明する項目なんてまるで一本の小説のような面白さで、コービーの軽い歴史を通してNBAというリーグのエンタメ性に気付いた、というのは確実にハマった要因の一つです。

 

 

 これもまたニワカな知識で大変恐縮ですが、コービー・ブライアントの死が何故ここまで人々に衝撃を与えているかというと、コービーは「バスケ」や「NBA」というジャンルを超えて、人類の文化史に計り知れない影響を与えたからではないでしょうか。音楽を持ってして世界や社会を変えてしまったビートルズマイケル・ジャクソンと似ています。

 

 レブロン・ジェームズを始めとした今リーグでプレイしている選手は全員コービーの影響を大なり小なり受けていると言い切っても良いのは当然として、コービーに憧れてバスケやスポーツを始めた子供達は世界中に存在します。アメリカの小学校あるあるでは、ゴミ箱にゴミを投げ入れる時「コービー!」と叫ぶ、というものが存在します。

 

 2000年代や10年代の映画の中で日常会話の台詞としてコービー・ブライアントが言及されるのはよく見かけました。コービー自身もプロデューサーとして、引退後自らの半生を短編アニメーションを製作しアカデミー賞も受賞しました。ヒップホップやラップでも歌詞の中でコービーの名前が引用されたり、コービーそのものを題材として歌ったものも数多くあります。アートも文学も同様です。これも言わずもがな、アメリカに限らず世界中で起きている事象としてです。文字通り彼は「アイコン」でした。

 

 レブロン・ジェームズがコービーの通算得点を超えた歴史的なゲームの翌日にこの訃報が入ったというのも、なにか運命めいたものを感じぜざるを得ません。このニュースを更に悲痛なものをさせているのは、コービーの娘ジアーナの死です。享年13歳のジジは父の姿を追ってWNBA選手を目指していたそうで、コービーも愛娘をコーチし、亡くなった事故が起きたのも娘の試合に行く道中のことでした。父を超える可能性があったスポーツ選手の火が潰えてしまったことも非常に残念でなりません。ただコービーの遺志やDNA、そして「マンバ・メンタリティ」は現代や未来を生きる様々なジャンルの人に受け継がれて行くことは間違いありません。

 最後は、僕の根っからのレイカーズファンであるアート専攻の友人がInstagramに投稿していたオリジナルのトリビュートアートを載せておきます。RIP。

www.instagram.com

 

 

KOBE BRYANT  THE MAMBA MENTALITY  HOW I PLAY

KOBE BRYANT THE MAMBA MENTALITY HOW I PLAY

 

 

ろくでなしのブルース

 僕がアーカンソーの大学に留学していた時、韓国人の男の子が交換留学生としてやってきた。彼の英語名はマイケルだったらしいが、彼のおかっぱヘアスタイルがブルース・リーそっくりだったので、「お前はブルースだ!」と名付けて以来彼の学校での呼び名はブルースになってしまった。マイケルという名前すら今日再会するまで忘れていた。

 

 ブルースは困った奴だった。人懐っこい奴なのだが、なんというか、人懐っこすぎるのだ。悪気なく平気で人のパーソナルスペースに土足でヅカヅカと入ってくるタイプで、いつしか彼は留学生のコミュニティはおろか、韓国人学生のコミュニティからすらも疎まれるようになり、最終的に僕くらいしか相手をする人間がいなくなったのでいつも僕の寮の部屋に居着くようになった。かくいう僕もかなり乱雑に扱っていて、英語で喋るのすら面倒くさくてブルースには最早日本語でツッコんでいたりしていたが、ブルースは子犬のように離れなかった。

 

 ある朝のこと。僕が目を覚ましたら、ブルースが至近距離でじっと僕のことをじっと見つめていた。漫画のように叫びながら起きたのは初めてのことであった。ブルースは手を握ってきたり、ツンツンしてきたり、普段からボディタッチが多かった。正直ゲイなんじゃなかろうかと思っていたが、彼は頑なに認めない。いや、彼が別にゲイだって何の問題はないのだ。ゲイだろうとストレートだろうと、人が寝ている間に許可なく部屋に入られてじっと至近距離で見つめられるのはかなりキモい。その場で説教をしたが、「オ、ソ〜リ〜」とブルースはヘラヘラしていた。

 

 ブルースは交換留学生だったので、半年で母国に帰ることになった。帰る前日、誰も送別会をしてくれないので、僕と当時ルームメイトだった中国人と、ブルースに優しかった日本人の女の子(仮にK子とする。)でモノポリー大会をしてあげた。翌日空港まで見送って欲しいと頼まれたので、僕とK子、あとK子が仲良くしていたアメリカ人(仮にDとする。)で急遽空港に行く事が決まった。

 

 その翌日。ブルースの部屋を見て驚愕した。全く後片付けが終わっていなかった。もちろん学校の寮なので、退室する際は綺麗にして寮監のサインをもらわないといけない。そもそも僕は休日返上でブルースを送り届けないといけなかったことに若干嫌気がさしていたのに、急遽朝からバタバタ片付けることになった。何とか綺麗にして寮監のサインを何故か僕がもらい、ブルースに飛行機の時間を確認すると、まだ余裕があるとのことだった。駐車場で長いこと待たされていたDに僕とK子は申し訳なさそうに謝り、ブルースは呑気に「オ、ハロー、D」と挨拶して車に乗り込んだ。

 

 Dは真面目な奴だったので、飛行機の時間を気にしていた。Dは飛行機の2時間前に到着しようとしていたが、現状では1時間30分前に着く予定だ。とはいえ、最初は乗り継ぎ地まで行く国内便だからそこまで時間がない訳でもないので、無理に焦る必要はないと何故か僕が伝えた。ガソリンも注入しなくてはけなったので、道中ガソリンスタンドに寄った。給油が完了して出発しようと思ったら、ブルースが消えていた。

 

 僕たちは混乱した。悪魔のいけにえ』に出てくるようなアメリカのど田舎の高速道路である。消えようにもどこにも行きようがない。辺りを探してみると、ブルースはガソリンスタンドに店の裏からトコトコ出てきた。「お前はどこにいたんだ!」と怒ると、飲み物を買いたかったようでATMを探していたそうだ。こちらが怒っている理由もイマイチ分かっていない様子で、あまりの図太さに開いた口が塞がらなかった。

 

 Dが焦って事故らないようにメンタルケアしつつ、僕たちはメンフィス空港に着いた。言うても1時間前には着いたので十分時間がある。チェックインカウンターに向かい、ブルースと何故か一緒に受付をすると、職員の血相が変わる。「お客様!この便はあと45分で出発します!すぐに向かってください!」なんとブルースは自分のフライト番号を間違って覚えていたのだ。ギャーと急いでチェックインを済ませ、セキュリティゲートまでダッシュする。この期に及んでまで「オ、アイ・ウォント・テイク・フォト・ウィズ・ユー・ガイズ」とかほざきやがる。どこまでもマイペースなブルースに僕たちは唖然としながら、無事に送り出してまた1時間半かけて帰路に着いたのだった。

 

 そんな出来事があったのが4年前。ブルースは今東京に来ているそうで、僕に会おうと連絡が来た。僕はブルース相手には徹底的に塩対応で行こうと決めているのでどうしようか迷ったが、まあ久しぶりだし会ってやることにした。先にブルースはK子ともう一人の女の子と居酒屋で飲んでいて、僕は仕事がひと段落してから遅れて登場した。個室の扉を開けるとブルースは僕を見て「オ、タイヤキ…!」と涙目を浮かべていた。が、僕は底意地の悪い人間なので感慨には流されず、あくまでも塩対応で日本語で久しぶりの漫才を掛け合ってやるのだった。次会うのは4年後でいいかな。

f:id:HKtaiyaki:20200127020820j:image
▲ブルースと新宿にて(2020年1月26日、K子撮影)

 

ろくでなしBLUES

ろくでなしBLUES

  • 発売日: 2018/04/01
  • メディア: Prime Video
 

 

 

『ザ・ルーム』日本公式InstagramとFacebookページも始まりました。

 最近こればっかりですみません。まあ、本当に最近は『ザ・ルーム』にしか取り組んでないですし、映画も帰国便の機内上映で観たのを最後に日本に帰ってきてからは一本も観てないので仕方ないです。『ザ・ルーム』なんてこの1週間で5回観たのに。あ、今日も観たから6回か。流石に気が狂うぞ!

 

 まあ、それは置いといてですね、表題の通り今日から『ザ・ルーム』の日本公式InstagramFacebookページも運営が始まりましたので、もし興味がありましたら是非フォローしていただけると幸いです。例によって映画の世界を飛び出してジョニーが運用しています。

www.instagram.com

 

https://www.facebook.com/TheRoomJapan/

 

 ところで、SNSを運営しているジョニーから聞いた話ですけど、Twitterはフォロワーとの交流がインタラクティブなのですが、InstagramFacebookは情報を発信してもそのポストにどれだけエンゲージメントがあるのかが分かりづらいそうです。もちろん、InstagramFacebookでも通知としては表示されますけど、Twitterの方がフォロワーとのやり取りが可視化しやすく、数字やデータ以上に実感として分かりですし、使っている方もモチベーションが上がります。世界的に見ると各SNSサービスでもTwitterは下火ですが、広報活動的には一番使いやすいんじゃないですかね。……ってジョニーが言ってました。

 

 それにしてもお金なんか払わなくてもSNSを駆使すれば素人がそれなりに宣伝頑張れる時代になったので、凄い時代になったものです。

 

自由な生活スタイルは毒

 またまたいつの間にかこんな時間になってしまいました。今僕の身分はフリーランサーなのでしょうか。誰に雇われているわけでもなく、ただ『ザ・ルーム』を広めたいと思ってこの仕事をやっているだけなので、どちらかというとプロデューサーなのでしょうか。あらやだ、プロデューサーと言った途端自分がかっこよく聞こえるじゃないですか!

 

 まあ、それはさておいてですね、今僕は組織に属しておらず、自分の為に働いている訳ですが、そうすると生活スタイルが極めて自由なのです。朝何時に起きたっていいし、いつでも仕事始めていいし、いつ休憩とってもいいし、夜何時に寝たっていい。凄く聞こえは良さそうですが、これ普通に生活にリズムが取れないから逆に調子狂うんですよね。今日だってちょっと仕事して休憩しようと思って『2K20』をやってたらいつの間にか3時間ほど経っており、その分を帳消しにしようと焦って仕事してたら歯止めが効かなくてブログ書く頃にはこんな時間ですよ。外に一歩も出てませんし、健康に悪いのは言うまでもありません。

 

 調子が狂うのは会社員時代みたいに日毎の決まったスケジュールがないからだと思い当たり、この間映画秘宝を買いに行った時に手帳も仕入れました。手帳って仕入れるとすぐウキウキしてわざと予定立てたりして受験生時代みたいに時間割作ったりしてかなり気合い入れてたんですけど、そもそも今そんなに変化のある生活をしているわけでもないので、もう4日も立てばご覧の通り、手帳なんか意味なくグダグダと途切れのない生活を送ってしまっているわけです。これはどげんとせんといかんですが、明日も多分グダグダ仕事したり遊んだりを繰り返してしまうのでしょうな。もしフリーランサーの先輩の方がこの記事を読んでおりましたら、対策を募集しますのでコメント蘭で教えてくださいね。

 

 

Oh hi, 日本のみんな!

 実は昨日から『ザ・ルーム』の日本公式アカウントの運営が始まっています。映画を飛び出してジョニーが運用しています。もしツイッターアカウントがありましたらば、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

 

 初めて2日ですが、既に283人の方*1にフォローしていただいており、ありがたいことに多くの反響があり通知が鳴り止まない状態が続いています。それだけ今回の上映には映画ファンの期待が高まっているんだと実感し、プレッシャーも感じますが何よりもワクワクしています。

 

 なお、日本「公式」アカウントであることがミソで、トミー・ウィゾー側から直々に許可を得て運営しています。ただ、公認とはいえトミー本人ですら、ここまで自由にやっているとは思っていないでしょうね!

 

 

The Room [DVD]

The Room [DVD]

  • メディア: DVD
 

 

*1:1/24 午前1:02時点