タイヤキVSネズミ2〜ネズミ絶対に◯すマシン〜

 前にも書いた通り、我がアパートはネズミの侵略の脅威に晒されている。 

 

 あれから大家とルームメイトたちと一緒に台所の要所に罠を仕掛け、今日までに二匹捕まえた。逆に言うと、本当はもっといると言うことである。ネズミの妊娠期間は20日と言われ、1回の出産で5~7匹産むと言う。更にネズミは年に5、6回妊娠すると言う。我々が足音などの異変に初めて気づいたのは半年ほど前

 

我々はあまりにも長い間奴らを野放しにしてきてしまった。

 

 大家がようやく事態を重く受けとったとはいえ、すでに我々は奴らから一歩遅れをとっている。この戦争には本気を出さなくてはならない。僕はネットで見つけたネズミ絶対に◯すマシンを作ることにした。手間はかかるが作り方自体は簡単なので紹介しよう。ネズミの被害に迷ってる方は参考にされたし。

 

材料

f:id:HKtaiyaki:20190325115542j:image

 必要なのはバケツ、ワイヤー、ペットボトル、あとはピーナツバターなどの塗る系の餌だけ。バケツを開ける桐も含めて全部で$9くらいで揃えられたが、ネズミごときに$9も払うハメになった怒りを動力源に作っていく。

 

ステップ1・穴を開ける

f:id:HKtaiyaki:20190325115547j:image

f:id:HKtaiyaki:20190325115551j:imagef:id:HKtaiyaki:20190325115555j:image

 バケツとペットボトルに穴を開ける。力作業なので最初の工程にして最難関だったが、「ネズミ!◯す!◯す!」の気持ちで頑張った。

 

ステップ2・ワイヤーを通す。

f:id:HKtaiyaki:20190325115604j:imagef:id:HKtaiyaki:20190325115610j:image

 ペットボトルにワイヤーを通し、更にバケツにも通します。ちゃんとペットボトルが回転するかチェックします。

 

ステップ3・水を入れる

f:id:HKtaiyaki:20190325115615j:image

 罠にかかったネズミはこの水に落ちていく。あまり水を入れすぎるとネズミが逃げ出せちゃうので、気持ちバケツ容量の1/3くらい。

 

ステップ4・餌を塗る。

f:id:HKtaiyaki:20190325115620j:image

 ペットボトルにピーナツバターを塗る。ネズミがこのピーナツバターを食べようとするとペットボトルが回転してネズミが水に落ちる仕組み。

 

ステップ5・完成

f:id:HKtaiyaki:20190325115715j:image

 ネズミの通り道にこのネズミ絶対に◯すマシンを設置すれば完成。きちんとネズミがバケツに登りやすい足場を作ってあげるのが大事。実際にどう罠が働くのかは下の動画を参考にされたし。

www.youtube.com

 

補足

 言ってしまえばネズミを溺死させるエゲツない罠で、ネズミは哺乳類だしピカチュウやミッキーのデザイン元なので「ネズミがかわいそう…」などと思うかもしれません。自分の家の中でネズミを見たり、米袋が食い破られていたり、糞が廊下のあちこちに転がっている環境を想像して見てください。そんな感情は一切死にます。奴らに慈悲は与えぬ。

 

野田版 鼠小僧 [DVD]

野田版 鼠小僧 [DVD]

 

 

昨日更新できなかったわけ

22:00 あみん の謎の電話の相手

23:00 「ヤバイよ、遊ばないとヤバイ!」という先輩の謎の電話により夜の街に繰り出す

3:00 先輩と飲んでて家帰ったらこの時間

10:00 一旦起きる

13:00 気がついたら二度寝しておりこの時間、絶望

16:00 目覚ましついでにバトルフロントIIをしていたらこので時間更なる絶望、ふとメールを見たら大事な仕事のメールで申請書提出期限が今日の17:00だと知り、慌てて申請書を書く

16:45 実は提出期限が明日だったことを知ってズッコケル。

17:00 洗濯物をランドリーに出して家に戻ると、ネズミが罠に引っかかっているのを目撃、怒りによりスーパーサイヤ人となる

17:30 ネットで見つけたネズミ絶対に殺すDIYマシンの資材を揃えるために近くのディスカウントショップへ←イマココ

 

高儀 粘着ねずみとりシート 防水ブック型 10枚入

高儀 粘着ねずみとりシート 防水ブック型 10枚入

 

 



ジ・インターネット・イズ・シットホール

 大変ありがたいことに3日前の記事が軽くバズり多くの方に記事を読んでいただけましたが、はてなブックマークSNSに「そうは言ってねぇよ!」というコメントをチラホラ見かけてフラストレーションが溜まり(もちろんそうじゃない貴重なコメントが多数です)、今朝は留学してた 頃の知人がFacebookで差別的投稿をしてたので即効でフォローを外し(アメリカに留学して多様性も学べないとかアホか)、ついさっきもツイッターで知らない人からピエール瀧のコカイン事件についてトンチンカンなメンションが来て(まずテメー誰だよ!)、インターネットという烏合の衆の地獄にほとほと疲れたので今日は大事をとって休みます。僕はネズミの相手で手一杯なんだよ!

Search/サーチ (字幕版)

Search/サーチ (字幕版)

 

 

タイヤキVSネズミ

 昨年から異変には気づいていた。僕の部屋は3階建てアパートの地下にあるのだが、半年ほど前から天井で「トコトコトコトコトコッ!」という足音がするのであった。気味が悪くて大家に相談すると、大家は「多分空調システムの音だから問題ない」と一蹴した。「そんな訳ねーだろ!」とその正体には薄々勘づいてはいるものの、人間とは目に見えないと都合よく解釈するもので、「まあ大家もそう言ってるし」と強引に気にしないふりをして生活を続けていた。毎晩ちゃんと足音が聞こえるけど。

 

 1週間前、出張に出かける直前。キッチンにある自分の食品棚を開けてギョッとした。米袋が齧り開けられていたのである。購入していたのはアメリカでは高いコシヒカリ7kg($38)、しかも前日に買ったばかりである。「んなっ、な~にが空調システムだよ~~~~!!!」と呑気な大家に怒りがふつふつと湧いた。

 

いる。

 

確実にネズミがこの家にいるッ!!!

 

 気持ちの問題的に米を全て火炎放射器で処分したいところだったが、ネットで調べるとネズミが持つチフス菌やサルモネラ菌は熱に弱いらしく、炊いてしまえば熱殺菌できるので問題ないという事で、米を全てルームメイトにもらった大きめの瓶に移した。もちろん気持ち的には全く食いたくないが、なんたって吝嗇坊なんでもうこの際は高校物理における摩擦力や空気抵抗の存在感バリに嫌悪感は考えないものとすることにした。

 

 大家には現状を報告し、先週出張に向かって帰ってきたのが今週。昨日は『ダンボ(1941)』を再見していたら寝落ちしてしまった。寝落ちする前に残っている最後の記憶は、奇しくもネズミのティモシーが寝ているサーカス団長に入れ知恵してダンボをスターに仕立て上げるシーンだった。アニメで見ると可愛らしいが、ネズミの恐怖と戦っている者としてはこんな状況はホラーでしかない。

 

 早朝4:00に目が覚める。テレビは省エネ機能で自動的に消えていた。変な時間に起きてしまったなぁと二度寝をしようとしていたところ、廊下から音が聞こえる。

 

バリッ、ガサガサガサガサッ

 

 ビニール袋を擦る音だろうか、しかしその音は鳴りやまない。まるで荒木飛呂彦の漫画のように心臓が高鳴るのを感じる。

 

いる。

 

ヤツはすぐそこにいるッ!

f:id:HKtaiyaki:20190322033748j:plain
※イメージです。


 こんな時間にルームメイト達が廊下でずっとビニール袋を漁っている訳もなく、疑惑が確信に変わる。眠気はすっかり冷めてしまい、二度寝してやる過ごすこともできない。こんな事態になるまでネズミをほったらかしにしていた大家に対して怒りが再度湧き上がってきた。そのうち怒りは闘志へと変わる。大家が何もしてくれないというのなら、僕がやってやる!!気分はもう、吉良吉影に直面する康一君である。

f:id:HKtaiyaki:20190322034956p:plain
※イメージです。

 

 とはいえ、相手はゴキブリではない、ネズミである。ゴキブリなら潰せばゲームセットだが、ネズミを殺す術が僕には思いつかない。そもそも僕の持論であるが、人間は500円玉以上の大きさの生物を殺すには抵抗を覚えるのだ

 

 なので僕の目的は殺すことじゃあない。大家にこの切迫した状況を伝えることである。ミレニアル世代の武器とはスマホである。僕はネズミの写真を撮り、逃れられない決定的な証拠を大家に叩きつけてやることを決めたのだ。決意は勇気に変わる。その場にいたのは僕だけだが、恐らく僕はこれ以上ないくらい凛々しい顔でスマホを手に取っていたはずで、懐中電灯機能を点けてドアを開ける。

 

 するとすぐそこに

f:id:HKtaiyaki:20190322040817p:plain
※イメージです

 

f:id:HKtaiyaki:20190322040923p:plain
※イメージです。

 

 無理だ。早朝4:00だというのに、目の前にいたネズミに叫んでしまった。無理。殺す、殺せない以前に写真すら無理。想像上のネズミと現実のネズミの迫力はあまりにも違う。もちろんNYにネズミは多く、散々地下鉄でもネズミを目撃したことはあるが、自分の生活圏内にいるネズミの恐怖たるや比べ物にならない。ネズミの方も人間に気付き、僕があっけに取られているうちに一瞬で走り去ってしまった。

 

 あれだけ滾っていた闘志はすっかり消え失せ、布団の中にこもってガタガタ震えた。大家に「たった今遂にネズミをこの目で見た、後生だからどうにかしてください!」とメールを打ち、朝起きたら大家からやっと「了解した、今日中に動く」と返答があったが、敗北感がどこか拭えない。あんな小さい生物に太古から人間はここまで翻弄されてきたのだ。人類がネズミに勝てる日は来るのだろうか…。

f:id:HKtaiyaki:20190322050516j:plain
※イメージです。

 

 

ラリラリダンスで緊急搬送

 社交ダンスの会場で大麻入りチョコレートが混入し、それを食べてしまった男女7人が体調不良を訴え病院に搬送される、というニュースがありました。

 

 これには正直ほっこりしてしまいました。というのも、医学的事実として大麻の主成分であるTHCの毒性はアルコール・タバコと比べても大変低く、中毒性も依存性もなく、過剰摂取による死亡例は全世界で過去一症例もありません*1。じゃあこの7人はどうなったのかというと、所謂バッドトリップを起こしたのでしょう。

 

 食用の大麻は吸う大麻よりも効きが分かりにくいため過剰摂取しがちで、服用量を間違えてバッドトリップを起こす人が多いのは愛好家の大麻あるあるだそうで、ネットで検索するとその失敗談がRedditなんかでいくらでも見つかります。バッドトリップを起こすとどうなるかというと、お酒に酔ったような状態になったり貧血っぽくなったり、強迫観念に駆られたり疑心暗鬼になったりするそうです。セス・ローゲンも下のポッドキャストで語っていました。

 

 

 ご存知のように「ダメ。絶対。」の日本と比べてアメリカでは大麻は一般的で、アーカンソーの大学時代でもNYに移ってからもあちこちで吸ったり食べたりしている人を老若男女見かけます。バッドトリップと言えば、僕が大学時代の時ロシア人の友達がコメディ映画に出てくるようなホームパーティーを開いていました。すると1~2時間くらいたって玄関を強めにノックをする音が聞こえました。窓から警察官が二人立っているのが見えると、友達の一人が急に青ざめて裏口から走り出て庭の茂みにダイブしたのです。

 

 警察は単なる騒音注意の為に家に訪れたのですが、その友人は人知れずマリファナを吸っていてバッドトリップを起こし、警察が自分を捕まえに来たんだと強迫観念に駆られて逃げ出した*2、というオチでした。警察がいなくなった後に茂みから恐る恐る出てくる彼にパーティー参加者は皆大笑いでした。

 

 バッドトリップは特に初心者に起こりやすいので、今回の事件も恐らく初めて摂取した大麻の症状にパニックを起こしたのを見て、誰かが救急車を呼んだとかそんなところじゃないかと思います。ただ、このニュース記事に対するコメントを読むと、大麻覚せい剤なんかと一色たんにして恐怖心を煽るコメントばかり見受けられます。本来は笑い話で済むところなのに、これでは悪戯に思考停止に陥るだけなので、正しい知識を持って薬物を恐れましょう。

 

 ただ、一体全体どうやってTHC入りチョコレートが社交ダンス会場に混入したかは謎です。というか、もちろん参加者の誰かが持ち込んだんでしょうけど、目的が謎でその点は確かに少し怖いですね。

スモーキング・ハイ (字幕版)
 

*1:犬や猫などのペットには毒性があり危険です。

*2:アーカンソー州では2016年の選挙で医療用大麻が合法化、2019年より販売開始されました。嗜好用は今も昔も違法です。