巨悪

 訳あってこの週末は外界から閉じた生活をしていましたが、その分吉本芸人闇営業問題を宮迫・亮会見→『ワイドナショー』緊急生放送→『スッキリ!』加藤激怒・春菜号泣とリアルタイムで追い続けることが出来、テレビ・芸能史に残る事件で震えています。誤解を招くことを承知で書きますが、正直今やってるどんな映画やドラマよりも見世物として「面白い」。そのクライマックスとなる岡本社長の記者会見がもうまもなく始まりますが、さすがに明日は仕事なのでもう寝ます。

1日早かった!

 わー、昨日の更新で「選挙に行きましょう」と呼びかけていた僕ですが、時差の計算をすっかりと間違えてしまって1日早めに出してしまっていました。カッコがつかなくてすごく恥ずかしいですが、真面目な話をしようとすればするほどツッコむ隙が出るのも自分らしいです。今日も言うことは変わりませんよ、選挙に行きましょう。20:00までやってるんで、まだ間に合いますよ。選挙に行きましょう。

www.youtube.com

 

選挙に行きましょう。

 今日はもうこれしか書きません。日本時間の今日行われる参議院選挙に行きましょう。これを読むあなたが保守寄りの思想だろうとリベラルだろうとノンポリだろうと、選挙に行きましょう。だれに投票すればいいか分からなくたって大丈夫です。投票所に行って、候補者の政策を調べて好きなものに投票すればいいんです。選挙に行きましょう。日本で一番偉いのは総理大臣でも政治家でも金持ちの社長でもありません。主権者である僕たち国民です。その権利を直接行使できる唯一の機会が選挙です。選挙に行きましょう。

 

選挙 [DVD]

選挙 [DVD]

 

 

 

絶望の中の希望

 京都アニメーション放火事件に少なくない衝撃を受けています。

 

 といっても、僕は観たことがある作品は『聲の形』くらいですし、京都アニメーションの良い観客ではないと思います。そんな僕ですら呆然としているくらいですから、京アニ作品のファンの心中は想像するのも難しいです。しかし、この事件には色んな文脈が含まれてしまっていると思うんです。

 

 まずは、日本を代表するアニメという伝統芸能の職人が多数失われてしまったこと。今回被害に遭った第1スタジオは京都アニメーションの主格スタジオという事で、未来のアニメ界を背負っていたはずの優秀なアニメーターも出勤していたでしょうし、大切な資料や進行中の原画などもあったかと思います*1。アニメに詳しくない僕ですら、京アニ出来高制ではなく給与制をとるなど、業界の意識改革を図っていた先進企業だと聞いていました。後世に渡る日本文化において取り返しがつかない本当に貴重な知的財産が失われてしまった、と言っても過言ではないです。

 

 次にアニメ云々の前に、死者33人、重軽傷35人(7/18 時点)は前代未聞の大量殺人事件だということです。平成以降どころか戦後最大級の犠牲者数です。各国代表が今回の事件に対して表明分を出し、国際ニュースとして流れているのが事態の深刻さを物語っています。まだ事件の全容が明らかになっていないのに早くも今回の犯人をアニメオタクとして断定し、分析する潮流がありますが、それには強く異を唱えます。彼はただの大量殺人者で、それ以上でも以下でもありません。

 

 防災や警備の点で見ても、そもそもアニメの制作場という事で燃えやすいものが多く、元々火が回りやすかった環境であることに加え、この日は来客の為にセキュリティーを切ってしまっていたという不運に不運が重なって起きた悲劇であるためにやりきれません。今後警備会社の責任が問われ、賠償沙汰になるかもしれませんが、たった一人の人間が異常行動に出たために人々が争う姿など考えたくもありません。

 

 ただ、どんな絶望の中にも一筋の希望は見いだせるものです。僕はその希望を京都アニメーションの公式Twitterにぶら下がる、世界各国からのリプライに見ました。

f:id:HKtaiyaki:20190719084305p:plain

f:id:HKtaiyaki:20190719084419p:plain

まさに芸術は国境を越えるんです。僕はちょっとウルっと来てしまいましたよ。

 

 

*1:現に、来年公開予定だった京アニ作品『Free!』の最新作が公開中止となってしまいました。