『スケッチブック』が帰ってきた!〜YouTube対僕〜【最終ラウンド】

 先月書いた↓の記事の続き。

taiyaki.hatenadiary.com

 

 

 当時僕がYouTubeチャンネルを取り戻すまでの軌跡を具に報告していくつもりだったので、勢い余って【第1ラウンド】と書いたが、グダグダと途中の奮闘模様を書きあぐねているうちに、本日めでたくあっさり解決してしまったので、第2回にして最終回となる。そう、『スケッチブック』の管理権が僕の手元に帰ってきたのである!

 

その後の経緯

 前回の記事を書いた翌日、僕は早速ネットで見つけたGoogleのカスタマーサポートに電話をしてみた。が、自動音声で「コロナ禍で社員の安全・健康に配慮して社員を削減しているために、ネットのヘルプセンターのみで問い合わせを受け付けている」とAI特有の機械的な気味の悪いアクセントで返ってくるだけだった。

 

 こちとらそれを拒否られているから電話したんじゃ!とiPhoneを放り投げたくなったが、Appleに非はないので我慢。調べているとさらにGoogle本社の問い合わせ番号にかけ、自動音声の指示に従ってYouTubeに関するお問い合わせに進むと、先ほどかけたGoogleのカスタマーサポートに電話をしろという。見事なたらい回しである。こちとらAIではなく生身の人間に話したいんじゃ!と窓口に繋ごうとしたが、年末年始のためこれも不通。

 

 仕方がないので、大人しく年が明けるのを待ち、2週間前に改めて電話をした。ちなみに、窓口に直接繋ぐガイダンスはなかったのだけれども、ここで皆さんに僕がコーディネーター時代に学んだ裏技を一つ。企業の問い合わせ番号に電話して、自動音声の案内に振り回されて中々窓口にたどり着けない場合、大抵は「0」を押すと繋がります。これ、豆ね。

 

 そして、ようやく生身の人間にたどり着き、事情を説明しようとしたら、YouTubeに関する問い合わせはGoogleのヘルプコミュニティに投稿して欲しいの一点張り。いや、僕もここに電話をするのはお門違いで、ご迷惑をおかけしているのは百も承知なんだけど、だって個人的なアカウントに対して誤認と思われる処遇に関する問い合わせなのに、コミュニティページに投稿したところでどうにかなるのか?と聞いたら、「一般のユーザーも見るサイトなので、個人情報を載せるのは控えていただきたい」とのこと。そりゃでしょうね!

 

 じゃあ、どうすりゃいいのさ!と文句を言いたいのは山々だったが、この人に渋ったところでどうにもならないのは目に見えているので、この人にもやらなきゃいけない仕事もあるだろうし、早めに見切りをつけて切り上げた。一応ダメ元でコミュニティページに投稿してみたが、当然Google本社の人間が見ているわけもなく、解決に至る回答も得ることはできなかった。「ああ、もう『スケッチブック』は諦めて、この際再ブランディングを図って新しいチャンネルを作るか…」と、新年早々半ば自暴自棄になり、Twitterに新作コントを実験的にアップしたりしながら今日に至った。

 

復活のきっかけ

 今週末実施予定のオンライン飲み会に備え、新しいチャンネルでも作るか〜と、日頃使っているGoogleアカウント、つまり今回削除されたYouTubeチャンネルの大元となっているアカウントの管理ページを恨めしく眺めていたら、プロフィールアイコンをクリックするとこのような表記が出てきた。

f:id:HKtaiyaki:20210120003412p:plain

 ブランド…アカウント…!?

 

 僕のメインのYouTubeチャンネルが削除されてしまったことで、そのサブチャンネルの『スケッチブック』の管理ページにアクセスできなくなってしまったが、『スケッチブック』というチャンネル自体はまだ消されずに生きているのは知っていた。その『スケッチブック』のチャンネルを作成した時に、どうやら『スケッチブック』のブラウンドとしてのGoogleアカウントも自動的に作成されていたようだ。

 

 つまり、ややこしい話だが、YouTubeアカウントとしての『スケッチブック』は管理できないけれど、Googleアカウントとしての『スケッチブック』はまだ管理できる、という状態だ。ここまで来たら、何か糸口はあるはずだ!と、また色々探っていると、次のような画面にたどり着いた。

f:id:HKtaiyaki:20210120004047p:plain

 

 け、権限を管理!

 

 震える手を抑えながらクリックをすると、この『スケッチブック』のブランドページを管理する人間を追加できることを知った!今まではプライベート用のGoogleアカウントが『スケッチブック』を一括管理していたので、今度は仕事用のGoogleアカウントを管理者として追加してみた。しかも、最大の権限を与える「オーナー」として。すると、普段滅多にYouTubeでログインしない仕事用のアカウントを通してログインすると……。

f:id:HKtaiyaki:20210120004446p:plain

 

ビバ☆復活!!!!!

 

 久々にこの画面に行けた時に発した咆哮が近所迷惑になっていないだろうか。あまりの嬉しさに飛び跳ねてしまった。なお、この頃ちょうど大好きなラプターズマーベリックス相手に勝って、調子の悪かった新しーず始まって以来初の連勝をキープして3連勝を決めた頃合いだった。いやー、2021年はいいことづくしですね!ただし、GoogleYouTubeには何も助けられてはいないので、御社は引き続きファックオフしといてください!!

 

残る問題点

 今回YouTubeチャンネルが削除されて一番悲しかったのが頑張って続けていた『スケッチブック』を失ってしまったかもしれない、ということだったので、今回奇跡的な復活を遂げることができてとりあえずは満足した。が、ただし以下の弊害がまだ残っている。

 

①プライベート用にYouTubeを楽しむチャンネルが消されたのは痛い

 前も書いたけど、メインチャンネルには僕が日頃生活を送る上で聴く音楽のプレイリストや、たまたま巡り合った珍しい動画などの再生リスト、楽しみで鑑賞していた登録済みのチャンネル、そして僕が自主制作した短編映画などがあったわけで、これらがないYouTubeを見るのは、まるで他人のスマホを弄っているような違和感があって不便だ。

 

 また、削除されたチャンネルはアルゴリズムから僕の趣味趣向に合わせたおすすめ動画を提示してくれたのに、また一からYouTubeチャンネルが僕の趣味趣向にアルゴリズムを合わせてくれるのを待たないといけなくて面倒臭い。とはいえ、こればっかりはもう頑張ってまた積み上げていくしかない…。

 

②購入した映画が観れない

 僕が削除されたチャンネルで購入した映画は、そのままその旧アカウントに紐づけられているので、『スケッチブック』のチャンネル上で観ることはできない。前回も書いたように、お金を払っているので、金銭的被害を被ったままだ。ただし、これはヘルプコミュニティで質問した時に回答をいただいたが、有料コンテンツに関するトラブルはYouTubeが別途サポートページを設けていて、チャットで対応してもらえるみたいなので、今度営業時間内に改めて問い合わせてみようと思う。

 

今週末のオンライン飲み会では祝うぞ!

 まあ、何はともあれ、最低限『スケッチブック』が復活できて本当に良かった。読者の皆さんには先日、オンライン飲み会の実施を連絡しましたが、配信先はこれを祝して『スケッチブック』上で行いたいと思います。改めて詳細!

日時:1/23(土) 21:00〜(予定)

配信:『スケッチブック』にて!

www.youtube.com

参加条件:各自飲み物とおつまみを用意すること!

 

 そして、恒例のお便り募集は以下の内容になります。

  • 今年期待している映画
  • トラウマ王決定戦
  • 実現しなかった去年の抱負

 

お便りを送りたい方はhktaiyakiあっとgmail.comか、TwitterのDM/リプライか、ここのコメント欄でお知らせください。皆で復活を祝いましょう!

 

 

ウォーキング・ジャップ/『君と世界が終わる日に』第1話雑感

f:id:HKtaiyaki:20210118234326p:plain

  • 昨日、Twitterで『ウォーキング・デッド』がトレンドに入っていた。てっきりスピンオフの製作でも発表になったかと思えば、日テレとHuluが共同制作した和製ゾンビドラマ『君と世界が終わる日に』が放映されたので、比較として『ウォーキング・デッド』が出されたことでトレンドに上がったのだろう。正直、ツイッター上では賛否両論といった感想が並んでいたが、僕はHuluに入っていたし、興味が出たので配信が始まった第1話を観てみることにした。
  • 物語は神奈川県三浦半島の自動車整備工に勤める青年、間宮響(竹内涼真)が、同棲している恋人来美(中条あやみ)にプロポーズをしようと決めて出かけた日に、トンネル道の崩落事故に巻き込まれて4日間閉じ込められるシーンから始まる。命からがら久々にシャバの空気を吸えたと思ったら束の間、三浦半島はゾンビパンデミックに襲われていた!というのが主なあらすじだ。まあ、思いっきり『ウォーキング・デッド』な始まりですな!
  • Huluが出資しているだけあり、「お、気合が入っている!」と嬉しくなったのは、人っ子一人いないゴーストタウンや、渋滞のまま乗り捨てられた車の群れといった「ゾンビ映画あるある」な光景が民放のテレビドラマで再現されていたところだ。まあ、そのゴーストタウンも、寄りの画ではゴミが散乱しているのに、引き画では塵一つない綺麗な交差点だったりするのだけれども、そんな細かいことは気にしない気にしない!
  • で、『ウォーキング・デッド』よろしく、響は生き残りのコミュニティに合流し、そこでは響と高校時代に何やら因縁がありそうな等々力(笠松将)がいたりする。響はどこかで生き残っているはずの来美と再開することを誓うが、「ゾンビ物とはいっても、今後濃厚な人間ドラマがあるんですよ!」を匂わせる展開もまさに『ウォーキング・デッド』。響は高校時代に弓道部だったようで、見事な腕前でゾンビの頭を次々と射抜いていくのも笑ってしまった。『ウォーキング・デッド』かよ!
  • と、少し意地悪く書いたけれども、日テレの制作意図は日本版『ウォーキング・デッドなのは明らかだ。僕は何もパクリだと糾弾したいのではなく、まずは日曜ゴールデン帯でゾンビドラマを放映しようとした日テレの気概を買いたい
  • コンプライアンスがうるさい中でどこまでゴア表現に挑戦できるか相当悩んだに違いないが、とりあえず血は見せるし、ちゃんとゾンビは人を食うし、生き残った者もゾンビを撃ち殺したり、矢で射抜いたりしているので、「ゾンビもの」というジャンルとしては最低限成立はしていると思う。
  • また、バリケードの隙間からゾンビの大群が手を指し延ばす、というジョージ・A・ロメロリスペクトな画があるのも嬉しい。まさか和製本格ゾンビTVドラマが見れる日が来ると思った人はどれくらいいるだろうか。実現してみせた日テレは偉い!偉いぞ〜!
  • ……と褒めたいのは山々ですが!やっぱり「民放」ってところに限界があり、諸手を挙げて褒め称える出来ではないんだな〜。
  • まず、日テレ自体が本作を「ゾンビサバイバル×ラブストーリー×ミステリー 3つの軸が絡み合う、“極限の人間ドラマ”!(原文ママ)」と推しているのだけれども、そもそも「ラブストーリー」がいらねぇ〜!悪い意味で実に「日本的」だ。いや、そりゃ恋愛関係が要素として盛り込まれているゾンビ映画はあるし、ラブストーリーを主軸に添えたゾンビ映画だってあるけれども、本ドラマはあからさまにTVドラマっぽいジメジメとした感傷的なセリフや演出が多いので、ちょっとその湿気にやられてダルくなる。ゾンビでジメジメしていいのは、血とか肉とか蛆虫だけ!
  • まあ、日テレの魂胆は分かる。Wikipediaによると、本作はティーザー時点では「ゾンビもの」であることは伏せてマーケティングしていたらしい。これ、どっかで観てことがありますよね。そう、本邦における『ワールド・ウォーZの宣伝戦略だ。海外のように本格的ゾンビドラマを作りたい一方で、日本の視聴者がゾンビというジャンルに食らいつくかが分からない。だからラブストーリーだったり、日本人が大好きな「感動」を盛り込んで、より多くの視聴者層を取り込もう、という意図だ。そして結果的に、ゾンビものとしては中途半端になってしまい、肝心のゾンビ映画ファンからはナメられてしまって、初回視聴率も8.4%と振るわなかったのだろう。
  • また、ホラー映画あるあるではあるのだけれども、わざわざ明らかに怖いところに近づいたり、登場人物たちがバカな行動を取り続けるのも、ちょっとなぁ、と思う。あと、貴重な非常食で豪華な料理を作るシーンが温まるシーンとして描かれているのは、邦画的な能天気さで笑った。つい最近、ちょうど『ディス・イズ・ジ・エンド』を観返して、貴重な食料で勝手に料理して喧嘩になるシーンを観ていたもので…。


  • 先ほど、「ジョージ・A・ロメロリスペクト」とは書いたけれども、本作のゾンビは全速力で走るタイプのゾンビだ。正月に公開された『新感染半島/ファイナル・ステージ』*1もそうだったけど、僕、走るゾンビが苦手だ…。コメディなのにノロノロゾンビの恐ろしさを研究した『ショーン・オブ・ザ・デッド』は偉かったな。

  • ちなみに、ロメロゾンビといえば、ゾンビを通して社会批判を描くのが巧みで、その手腕がゾンビ映画を格別なジャンルに押し上げた。本作はコロナ禍で製作・発表されたドラマなので、今後の回で現政権のグダグダなアレとか、陰謀論とか、コロナをメタファーに取り入れた展開を期待したい。なお、一応登場人物の一人として、外国人労働者のミンジュン(キム・ジェヒョン)が登場したりしているので、例えば日本の移民問題だったり差別問題だったりを深く切り込んでいってほしいところだけれども、演じるのがN.Flyingという韓流アイドルグループのメンバーなので、単なるタイアップで終わりそうな気もしてしまう…。まあ、あくまで予想ではあるけれども!
  • ということで、『君と世界が終わる日に』を観て、応援したい気持ち半分、がっかりした気持ち半分と、非常にアンビバレントな気分にさせられたが、ただ「日本でゾンビものとか無理でしょ!」なんて嘲笑しているだけでは、視聴率主義の日本テレビ界がまた保守化してしまう。次の作品の種を植えるためにも、『君と世界が終わる日に』にはひとまず頑張ってほしいと、今の所は僕は思っています。次の回が面白くなかったら切っちゃうかもだけど…。
ウォーキング・デッド9 Blu-ray-BOX1

ウォーキング・デッド9 Blu-ray-BOX1

  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: Blu-ray
 

 

*1:

1/23(土)21:00〜【SUPERBAD-ASS presents】オンライン新年会(仮題)実施予定!

 絶賛緊急事態宣言中ということで、当ブログもオンライン飲み会S2をスタートさせましょう!ということで、一発目は今週の土曜日にやります。

日時:12/23(土) 21:00〜(予定)

配信:未定(配信プラットフォームは金曜までにはお知らせいたします。)

参加条件:各自飲み物とおつまみを用意すること!

 

 ちょっとまだYouTubeチャンネル復帰の見立てがつかないのですが、もうこのオンライン飲み会を標準にどうにかするくらいの気持ちでいようと思います。今回もお便り募集形式にしますが、今のところ考えている企画は…

  • 今年期待している映画
  • トラウマ王決定戦
  • 実現しなかった去年の抱負

の3本で行こうと思っています。トラウマ王決定戦は、みんなの(笑える)トラウマを持ち寄って、その中の王者を決めようという企画でございます。お便りを送りたい方はhktaiyakiあっとgmail.comか、TwitterのDM/リプライか、ここのコメント欄でお知らせください。

 

 では、詳細はまた後日!

 

サッポロ 黒ラベル [ 350ml×24本 ]

サッポロ 黒ラベル [ 350ml×24本 ]

  • メディア: 食品&飲料
 

 

ダメなもんはダメ!

 アメリカの大統領選挙では、同時に毎回多くの州で大麻の合法化を巡る住民投票が行われるので、大麻を巡って合法化の州が増えていくのは4年に一度の風物詩となりました。今回はニュージャージーサウスダコタ、モンタナ、アリゾナが嗜好用の大麻が合法化され、ミシシッピ州では医療用大麻が合法化されました。嗜好用を合法化した州はこれで15州、医療用は36州となります。

 

 んで、長年の注目の的だったNY州ですが、新型コロナによる経済的大打撃への財政再建策として、税収を目論んで大麻の合法化(とオンラインのスポーツ賭博)が合法化される見通しとなりました。

jp.reuters.com

 

 このように、世界的には大麻への規制緩和の流れが進んでいます。背景にはそもそも大麻の有害性がアルコールやタバコなどと比べてかなり低いことが科学的に認められていたり、NYのように税収を財政に充てたり、あるいは非犯罪化して刑事罰から外すことで若者やマイノリティの未来を奪わないようにし、司法にかかる税金を減らすためなど様々です。

 

 さて、「ダメ。ゼッタイ。」でお馴染みの我が国はというとですね…。

news.yahoo.co.jp

 

 本当に何も考えてないんだなぁ…。というのが、よく伺えます。根っこにあるのは「入院拒否したコロナ感染者には罰則!」みたいな、実権を握る連中のドクサイズムを感じますね。どんなに非合理的な規則やルールでも、「ダメなものはダメ」で思考停止しているのが残念です。

 

 まあ、でも、最近高野政所の『前科おじさん』を面白おかしく読んでいるのですが、日本でやるのは本当に割りに合わないと思うので、絶対にやめておいたほうがいいと思います。どうしても試してみたいなら、コロナ禍が収まったら海外に行きましょう!

前科おじさん

前科おじさん

  • 作者:高野政所
  • 発売日: 2016/08/22
  • メディア: 単行本
 

 

『ワンダヴィジョン』第1話、第2話雑感

f:id:HKtaiyaki:20210116000228p:plain

  • ディズニープラスで本日より配信が始まった、待望のMCUフェーズ4作品『ワンダヴィジョン』。余談だが、僕はいつもディズニープラスは本国版で観ている。というのも、ズボラな性格が災いして、アメリカから帰国する直前『マンダロリアン』S1を観るためにお試し入会していたのだが、帰国してから退会するのをすっかり忘れてしまっていた。金も払ってしまったし、せっかくなんでこのまま入会しておくかと放置していたら、日本で始まったディズニーマイナスプラスが酷い仕様&サービスだったので、結果的に助かった。今日もサーバーダウンしてトラブっていて、Twitterでは映画ファン達が阿鼻叫喚の様相だったので、ズボラだった当時の自分に感謝することになるとは思わなんだ…。同時に日本の入会者さんたちの心中、お察しします。
  • さて、肝心の本編だが、まず冒頭からマーベルのテーマ曲が聞けたことに素直に喜ぶ。本来であればフェーズ4最初の作品になるはずだった『ブラック・ウィドウ』だってまだ公開の目処が立っていないからね。このロゴアニメ自体は『ドクター・ストレンジ』からついたので比較的新しいものだが、いつの間にかこんなんに聞き馴染みのあるものになったのかと自分でも驚いた。
  • さて、かねてから報道されていたように、『ワンダヴィジョン』はなんとシットコム形式。そもそも、MCU自体がそれぞれの作品でSF、ファンタジー、戦争、政治サスペンス、学園、コメディ、と様々なジャンルに果敢に挑戦してきたシリーズだが、テレビ初進出作品のジャンルがシットコムというのは実にマーベルらしく、相変わらず挑戦的だなぁと思う。
  • で、第1話と第2話はテレビが白黒だった時代のシットコムをモチーフにしているのだが、同じモノクロでも第1話は50年代風、第2話は60年代風と、撮影スタイルまで変えているのには感銘を受けた。流石、お見事としかいようがない。
  • 基本的には『奥さまは魔女』的な古き良きアメリカンコメディで物語が展開され、まだシリーズも序盤も序盤なので、ワンダとヴィジョンがどういう流れでこのノーマン・ロックウェル的な世界に辿り着いたのかはまだわからない。今の所はドタバタギャグに笑って観ていればいいと思うのだけれども、時折、ふとした瞬間になにやら不穏な空気が流れる。そうした箇所だけ画が現代的な撮影になり「浮く」ので、劇中のワンダとヴィジョン同様、視聴者もハッとさせられる。いやー、本当に巧いですね!
  • 不勉強ながら監督のマット・シャックマンをあまり存じ上げなかったので調べてみた所、『ファーゴ』『ゲーム・オブ・スローンズ』『ザ・ボーイズ』など、TV方面での活躍が多い人だった。マーベルの本格的配信参入作品にかっちりTV業界からのベテランを連れてくるあたり、ケヴィン・ファイギの采配力は相変わらず信頼できる。なお、ショーランナーを務めているのは『ブラック・ウィドウ』を監督したジャック・シェイファー。ということは、視聴者が『ブラック・ウィドウ』を(もともともの公開スケジュール通り)先に観ていることを前提とした演出やサプライズ出演が今後出てきてもおかしくなさそう…。ああ、やっぱり、『ブラック・ウィドウ』から観たかったなぁ〜。