読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限界

期末期間につき徹夜で辛いので今日は休みます。

ママ、ニガーってなあに?

 ろくに授業は教えないくせにやたら漫談だけは面白い先生、っていうのは予備校などにたくさんいるが、そんな先生がうちの大学にもいる。今学期も終わりに近づいているのに、ぶっちゃけその先生から新しく学んだ撮影知識などは何一つないと断言できるが、彼の漫談からはアメリカの社会や文化の面白い面を学ぶことができて毎度楽しみに出席している。水曜日17:30からの3時間授業で、回を経るごとに明らかに欠席者が増えていたが。

 

 そして授業最終日の今日も相変わらずの雑談だけで終わったが、今日は先生が子供時代に起きたことを話してくれた。

 

 先生が小学三年生だったある日、友達や兄弟で外でオハジキで遊んでいた。その日は典型的な夏の日で喉も渇いてきた頃、ソーダを美味しそうに飲んでいるおじさんがいたらしい。その様子は誇張もなくまるでコーラかスプライトか何かの宣伝のようで、おいしそうにおじさんはゴクゴク飲んでいた。羨ましく思った先生はおじさんに「僕にソーダを分けてくれませんか?」と無邪気に聞いたそう。その瞬間おじさんの顔は真っ赤に変わり、少年だった先生に怒鳴り始めた。

「俺がニガーなんかにやるわけないだろう!」

 

 おじさんはその場をさって行ったが、先生は何が起きたのかよく理解できなかった。家に帰った先生はお母さんに聞いた。

「ママ、ニガーってなあに?」

お母さんは驚いて聞き返す。「いったいどこでそんな言葉を覚えたの?」

「僕があるおじさんにソーダをねだったら僕はニガーだからあげられない、って言うんだ。でもニガーってなんなの?」

お母さんは困った表情を浮かべて息子に答える。「ニガーっていうのはつまり…黒人ということよ」

「へー…それでママ、黒人ってなあに?

その日生まれて初めて先生は人種というものを理解したそうだ。

 

 僕はこの日記を書くときあえて先生の人種については触れなかった。「黒人の」と書くこともできたが、わざわざ人種を特定しなくても「先生」は「先生」である。子供の意識もこのようなもので、純粋無垢な子供は偏見も何もないので肌の色や見た目など関係なしに「人」は「人」である。大人に余計な情報を与えられることで、子供は初めて人に区分を作り、ステレオタイプを持ち始める。する側にせよ、される側にせよ*1差別は往々にして大人が子供に教えているのだ、ということを先生は教えてくれた。

 

 これは人種やアメリカに限ったことではなく、このブログを読んでいる人も経験があるはずだ。「あの人は〇〇だから△△しちゃダメよ」「お隣さんの□□さんは実は★★なんだってね、きっと××に違いないわ」そんな些細な注意を子供は聞いて育つ。しかし実際に大人になった時、そんな親に言われたことが正しいかどうか改めて判断して自分の子供の代に何を伝えるかを考慮しないといけない。

 

 最後にこのビデオを紹介しよう。被験者はスクリーンに映った変顔をモノマネするように伝えられるが、ある人がモノマネ対象となった時、子供と大人の違いはどうなるか。子供がいかに純粋な視野で世界を捉えているか、を示した社会的実験の動画である。

 

アメリカ黒人の歴史 新版 (岩波新書)

アメリカ黒人の歴史 新版 (岩波新書)

 

 

*1:実はこれが一番大事。「うちは〇〇だからアレコレしちゃいけません」っていうネガティブな意識を子供に押し付けないことも重要である

『ローグ・ワン』のチケット買った

リトルロックIMAXで観る予定。IMAX劇場のためにわざわざ車で2時間半もドライブしないといけない映画難民…。

気持ちいほどハイテンションなは犯罪映画

 告知しているように、現在発売中の『東京グラフィティ』12月号に「狂気が気持ちいコメディ映画」というテーマで原稿を書いた。

Tokyo graffti(トウキョウグラフィティ) 2016年 12 月号 [雑誌]

Tokyo graffti(トウキョウグラフィティ) 2016年 12 月号 [雑誌]

 

  しかし実はこの前に別のテーマで原稿を提出したのだが、他の方とテーマが似通ってしまいボツとなって新しく描き直したのだった。でもせっかくなのでそのボツ原稿もこちらに載せておこうと思う。(『東京グラフィティ』編集部さんから許可はいただきました)

続きを読む

ブログの弊害 

雑記 旅行 バカ 日常

 今年に入ってからどんなに忙しったりどんなにめんど臭くてもブログを更新するようにしている。初めは単純にいつの間にか連続して数日続いていたのでいっそ毎日更新しようか、くらいの動機だったが、今では生存報告の意味も込めてやっている。

 

 さて、ご存知の通りこの秋休みはシカゴに行っていたわけだが、最終日にウィリス・タワーのスカイデッキに行った。ウィリス・タワーはシカゴでは最も高く、アメリカでは二番目に高い高層ビルで、スカイ・デッキには足元までガラス張りの展望台がある。

f:id:HKtaiyaki:20161124132917j:plain

 

 しかし景観よりも個人的にはジョン・ヒューズの『フェリスはある朝突然に』のロケ地としてワクワクした

 

 んで、充分満喫したんで地上階のお土産屋でブラブラしてると、「あの…」と日本語で話しかけられた。見ると別の大学に留学してる知人の女の子だった。

「うわぁ、ビックリしたぁ!」

「やっぱり、そうだと思ったんですよ!」と向こうはあまり驚いていない。

「へえ、偶然もあるもんだなぁ」とこちらが未だに状況を掴みきれないでいると、

「あ、でもあたしシカゴいるの知ってたしひょっとしたら会うんじゃないかなって思ってました!」

なんだ、こいつストーカーかぁ…?と思ったら

「だって〇〇(本名)さん、ブログに全部書いてるんで」

 

ああ、そりゃそうか……。

 

 そう、ブログに毎日書くことの弊害といえば、こちらの行動は全て皆さんに筒抜けであるということです。なんとメタ的な日常だろうか!

 

 最近はアクセス数も順当に増えているので余計にテキトーなこと書けないなぁと気が引き締まった旅行なのでありました。

 

 

【告知】雑誌『東京グラフィティ』12月号にレビューが載りました。

映画 告知

 久方ぶりの告知です!発売中の『東京グラフィティ』2016年12月号「最高に気持ちいい 邦画BEST 75!!」特集にてTaiyaki名義で久しぶりにレビューを書かせていただきました。僕は「狂気が気持ちいいコメディ映画」というテーマで三作品を紹介しています。

 

Tokyo graffti(トウキョウグラフィティ) 2016年 12 月号 [雑誌]

Tokyo graffti(トウキョウグラフィティ) 2016年 12 月号 [雑誌]

 

 

 毎度お声かけいただいてるだけでも恐縮なのですが、今回も豪華すぎるメンバーの中に混ざって書かせていただいてありがたい限りです。特に個人的に影響を受けまくっている破壊屋さんと同じ雑誌に載るのは感慨深いものがありますね…!


 というわけで気になった方は書店やAmazonなどで是非お手に取って見てください。レンタルDVD選びなどの参考になれば幸いです。

 

※過去の掲載