ドチャクソ疲れました…

 1週間毎日4:30起きの出張がようやく終わりました。出張から東京に帰ってくるや、駅で改札を通る直前にスマホをバスの中で忘れてしまったことに気づき、家に帰ってパソコンでドライバーに連絡してスマホを取りにまた出かける一悶着もあり、もう晩御飯食べてる頃からウトウトしてしまって、今ようやくなんとか意識を保ちながらシャワーを浴びたところです。今日の歩数見たら30000歩超えてましたよ、アホかっちゅーに!という足の悲鳴すら聞こえてきたので、寝かせて下さい、すみません、ウウ…。

二人のマイケル

 このブログ、今週に入って僕の朝が早いからもう寝ます報告ブログになってしまって味気ないので、折角なので仕入れた情報を一つ…。今参加している現場は海外作品なので、コンプライアンスがしっかりしていて(海外クルーは)基本的に優しい人ばかりなのだけれども、そのクルーから聞いた話ではハリウッドには業界でもクソ野郎として有名な「二人のマイケル」がいるそうです。その二人とはマイケル・マンマイケル・ベイだそうです。

 

 マイケル・マンは口調は酷いし労働時間のルール制限は守らないし、ジョニー・デップは『パブリック・エネミー』に出演した際、マイケル・マンの態度があまりにも酷すぎて「あんたの口から『アクション』と『カット』以外の言葉は聞きたくない!」と吐き捨てたそう。マイケル・ベイの話は詳しくは聞きませんでしたが、彼の映画では登場人物が誰も彼もがやかましく叫んでおり、なんとなくベイのパーソナリティが垣間見えますね…。そういえばミーガン・フォックスもベイをヒトラーと呼んで『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』を降板しましたしね。

 

 こうした話はゴシップとして聞く分には楽しいですが、二人の映画を今後観る上ではノイズになってしまいそうですね…。僕はゴシップ大好き人間なので、ついつい聞き出しちゃいますけど。そしてついついこうやって読者の皆さんに広めちゃうんですね!口が軽くてすみません!

 

 



またも4時発…

 だから寝ないといけないんですよ…今週は毎日こんな感じになりそうです。ちょっと愚痴ると、出張なのはいいんですが、じゃあなんで実際に撮影するロケ地から1時間離れた宿をとってるんだよと。これじゃあ、都内から行くのと変わらんじゃないですか…。