全部銃が悪い、ただそれだけ。

つい先日テキサス州サンタフェの高校でまた起きた銃乱射事件で、州副知事のコメントが凄い。

テキサス副知事、高校銃乱射の原因列挙 「銃の問題ではない」

テキサス州サンタフェの高校で起きた銃乱射事件について、同州のパトリック副知事は20日、暴力的なテレビゲームや命を軽視する教育などの影響が原因だと述べ、銃の問題ではないとの考えを示した。

(中略)

パトリック氏は事件の原因として、まずテレビゲームの影響を挙げ、「十代の若者の97%がテレビゲームを視聴し、暴力的なゲームは全体の85%を占める」との統計に言及。ゲームの殺人シーンを見ることで若者たちの攻撃性が強まり、暴力への感覚がまひしてしまうと指摘した。

同氏はまた、今の米国では命が軽視され、学校から宗教教育が排除されていると批判。人工妊娠中絶や父親不在の家庭環境も問題だと述べた。

 

 出ました、もう耳にタコができてそのままタコ焼きが作れるんじゃないかってくらい聞き飽きた「乱射事件は全部テレビゲーム(もしくは映画)が悪い」という、幼児退行も甚だしい主張。乱射事件を「青少年の犯罪」に、テレビゲーム・映画に「漫画・アニメ」を加えれば日本でも声高に叫ばれている主張になりますが、問題の論点を挿げ替えてなんでも表現規制しやがる奴らに限って「正義」の名の下に中東で爆弾落として罪なき市民を殺したり、9条改正に血眼になってる連中ばかりじゃないですか。

 

 ちなみにかのナチスドイツも「社会的に」「道徳的」に「有害」なアートを退廃芸術と呼んで弾圧し、同じく「社会的に」「道徳的に」正しいと信じてユダヤ人虐殺を行っていたことを考えると、芸術表現とその規制を求める体制側の、どちらがより残虐でより多くの人命を奪っているかは一目瞭然です。

 

 またパトリック副知事が「宗教教育の排除」が「命の軽視」に繋がっているというのもバカらしく、宗教なんかがこの世に無ければ一体どれだけの無駄な殺生がこの世から無くなり平和になっていたかを『スター・トレック』を観て学んでもらいたい。父親不在の家庭環境に至ってはもう何が言いたいのかよく分かりません。

 

 どっかのバカが銃を公共に持ち込んで人を殺しまくるのはそこに銃があるから、ただそれだけ。でもそれだけのことをアメリカ人は全然分かってくれないっていうことを、僕はアーカンソーで嫌という程味わってきたよ。