読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

因果鉄道

 僕は中学・高校の頃パソコンやインターネットにどっぷりハマっていた。全寮制の学校に通っていたので平日は禁止されていたが、週末家に帰るとまずパソコンに電源を入れて3日間ぶっ通しでネットサーフィン。月曜に寮に帰るのが心惜しいので、心残りがないよう朝3時くらいまで親の目を盗んでインターネット。当然、親からは毎週死ぬほど怒られていたし、宿題もろくにやってないので毎週先生にも叱られる。僕は両親とも高身長なのに三兄弟の中で一番背が小さいのは成長期に夜更かしばかりしてきたからであろうし、視力も相当に悪い。でも悪影響があるとわかってても止められなかった。端的に言ってネット中毒であったし、永遠にパソコンを弄っていたかった。

 

 そんな因果か、いまや学業で毎日のようにギラギラ光るパソコンの前で夜な夜な寝る間も惜しんで作業をやらされている。できることならもうパソコンなんて触りたくないくらいだ。やるな、って言われてた時は無性にやりたくて、やらなきゃいけない時はもう見たくもない。皮肉なもんですねぇ…(課題をやりながら)