映画

世界で一番ミニマルなユニバース/『ミスター・ガラス』★★☆

イーストレイル3部作の完結編である『ミスター・ガラス』を鑑賞。監督・脚本はM・ナイト・シャマラン、製作はジェイソン・ブラム。主演はジェームズ・マカヴォイ、ブルース・ウィリス、そしてタイトルになってるミスター・ガラスをサミュエル・L・ジャクソン…

自分用メモ

去年日本で大きな話題を呼んだ『若おかみは小学生!』がアメリカでも公開。公開日は4月22日、23日。 アメリカでは『アンダー・ザ・シルバーレイク』がまだ劇場公開されておらず、こちらは4月19日公開。 『アベンジャーズ:エンドゲーム』は4月26日公開。既に4…

バカが加速!

僕は全ての映画シリーズの中で、『ワイルド・スピード』シリーズが一番面白いと思っています。これは別に皮肉でも冗談でもなく、マジで『ワイルド・スピード』シリーズがこの世で一番万人受けする最高峰のエンターテイメントの形だと思っているんですけど*1…

ネタバレを食らって以来シャマランを避けてきた僕が初めて『シックスセンス』★★☆を観た。

※この記事には『シックス・センス』のネタバレが含まれます!未見の人はブラウザバックをお願いします!! あれは高校生の時だった。全寮制の学校に通っていた僕は、友達の部屋で集まってくっちゃべっていたが、「『シックス・センス』観た?」という話にな…

許されざる者/『聲の形』★★☆

年末年始の旅行中に滞在したホテルがDVDレンタルサービスなんて面白いものをやっていたので、2016年に『君の名は。』『この世界の片隅に』と並んで話題となったアニメ『聲の形』を鑑賞、更に直後原作全7巻を読破。 大今良時の同名漫画を原作に『けいおん!』…

僕の好きなチームワーク映画10本

現在はてなブログが特別お代キャンペーンをやっており、そのテーマが「チームワーク」ということで。ここ最近更新が遅れてるしネタが思いつかないんだよ! 英語には「チームワークは夢を叶える(Teamwork is a dreamwork)」という諺があります。TeamとDream…

皆もやってみよう!脳内プロデューサーゲーム

オスカーの話題で昼飯休憩の時に同僚の あみん と盛り上がった話。今回『永遠の門 ゴッホの見た未来』でウィレム・デフォーが主演男優賞にノミネートされたことを受けて、如何にウィレム・デフォーが役者として優れているかを話していて、特に『フロリダ・プ…

第91回アカデミー賞ノミネーション発表

昨日も疲れて家に帰るなり爆睡してしまって更新ペースが新年早々乱れまくりで大変申し訳ないですが、そういえばアカデミー賞ノミネートが発表されていましたね。 今年は作品賞は『バイス』(よりによってアダム・マッケイなのに未見)を残して全部鑑賞済みな…

映画秘宝2018年映画ベスト&トホホ予想

いよいよ1/21(月)に映画秘宝最新号が発売されます。毎年ベストテンを予想しており、中々の的中率を誇ると我ながら思ってるので、今年も当ててみせましょう。以下のベストテン予想は、僕の好き嫌い関係なく、あくまで映画秘宝ベストの選出者が選びそうなベ…

今度の流行は仕切り直し型フランチャイズ

今日も予告編ネタで恐縮ですが(忙しくてブログネタが思いつかない時によく使う手です)、『ゴーストバスターズ』の新作が公開されるということです。 今度の『ゴーストバスターズ』は2016年のリブート版『ゴーストバスターズ』を無視した、1984年版と1989年…

カラダもってくれよ!

トム・クルーズの『ミッション:インポッシブル』シリーズ続編の製作決定のニュースに度肝を抜かれました。 トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル7』『8』の監督・脚本家として、『ローグ・ネイション』『フォールアウト』クリストファー・マッカ…

【新企画】第一回シネ漫才「2018年映画を振り返る」 VS Massas52【完結編】

ブログ主Taiyakiの思い付きで始まった新対談企画の第4弾にして完結編!前・後編ないしはトリロジーで終わらせるつもりが、ピーター・ジャクソンもビックリな圧倒的な文章量に追われまさかの『新:エヴァンゲリヲン』式クワトロジー構成に!昨今の終わらない…

【新企画】第一回シネ漫才「2018年映画を振り返る」 VS Massas52【クライマックス】

突如として始まった対談企画・第三回!「対談すればネタも考えなくて済むからラッキー」なんて軽い気持ちで始めた企画も、まさか毎日1万文字以上の文章を書くことになるとは想定しておらず、ヒーコラヒーコラキーボードを涙と指の血豆でにじませてタイプして…

【新企画】第一回シネ漫才「2018年映画を振り返る」VS Massas52【中盤戦】

※こちらは前回の記事の続きです。 前回突如始まったMassas52さんとの対談企画!当初書き起こしが絶対にヤバいことになると思っていたので45分くらいで切り上げるつもりが、ベストテンという題材をそんな短時間で語り切れる筈が無く、あれよこれよと話してい…

【新企画】第一回シネ漫才「2018年映画を振り返る」 VS Massas52【前半戦】

唐突に始まった「シネ漫才」のコーナー!僕が普段深い交流のある知人達と映画についてひたすら話していく対談をしてみようという新企画になります。本当は「シネ漫談」にしたかったけど、このタイトルは既に米粒写経の居島一平さんのラジオ番組に取られてし…

映画の中の2019年

『バック・トゥ・ザ・フューチャー partII』で描かれていた未来が2015年をもって過去になってしまったように、名作近未来SF映画が描いていた時代に現代が追いついてしまうことは2010年だに入ってからよくある話ですが、2019年も複数のSF映画の舞台となってい…

レ、ミ、ド、ド、ソ

NGTのアレとかNGTのアレとか、新年早々腹たつニュースばかりで今日はなんか書こうと思いましたが、こちらのニュースにホッコリさせられたので救われました。 科学者は頭を捻らせていますが、賢い読者の皆さんならもちろんこういう事だとはお分かりだと思いま…

いろんな くるまが あるんだな

米大手スーパーのウォルマートがゴールデングローブ賞の最中に発表したCMが最高すぎたので紹介します。 オンラインでオーダーした商品を車に積んでくれると言うサービスをフィーチャーしたCMなんだけど、「どんな車でも利用できますよ!」というメッセージを…

2009年映画ベストテン

当ブログの年末年始ベストテンネタは最後は10年前のベストテンを再考しつつ当時を振り返り、10年という時の流れの残酷さを味わうのが定番となっております。なお、後程詳細を書きますが、2009年当時僕は高校3年生の受験生真っ盛りで全く映画を観なかったので…

弟と従兄妹の2018年映画ベスト

当ブログは年末年始はベストテンネタで更新を続けており、今年は親戚が集まっているので映画好きな弟と、ミニシアター系の映画が好きな従弟と、あんまり映画は観ない従妹のベストも聞いてみました。 【弟の2018年ベストテン】 バーフバリ 王の凱旋 ボヘミア…

2019年映画ベストテン予想

日本より遅れて19時間、旅先のハワイでも年が明けました。明けましておめでとうございます。休みも6日までなので超まったりできそうです。 さて、昨日ベストテンを発表したばかりですが、今度は元旦の当ブログ恒例行事である2019年期待している映画を10本選…

2018年映画ベストテン

遂に2018年も終わりを迎えつつあり、当ブログでは今年のベストテンを選ぶ日が訪れました。2018年は偶数だし数字の並び的には気持ちの良いものでしたが、個人的には仕事は多忙で世の中もバカで強欲な連中ばっかり政治や経済を回す層にいて良くなる気配が無い…

2018年コメディ映画ベストテン

さあ、いよいよ今年も残すところあと2日。例年通り明日今年の映画ベストテンを選びますが、今日は前哨戦である恒例のコメディ映画ベストテンを発表します!あくまで「コメディ」映画のベストテンであることがミソなんで、明日のベストテンでは入れ替わってる…

LAに雪を降らせたジョン・マクレーン

って事でイヴとクリスマスは家に泊まりに来てた友人と『ダイ・ハード』シリーズを3まで観てたっす。1作目は何十回観たかわかりません*1が、言わずもがな何十回観ても面白く、新しい発見のある映画です。今回観ていて初めて気付いて感心したのは、クリスマス…

Now I have a machine gun

クリスマスイヴという事で、『ダイ・ハード』観てます。 ダイ・ハード ブルーレイコレクション(5枚組) [Blu-ray] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2015/10/07 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1…

猿顔役者のマーク・ウォルバーグとジョン・シナ

『トランスフォーマー』シリーズのスピンオフ、『バンブルビー』を観てきたっす。 『トランスフォーマー』シリーズは主演がマーク・ウォルバーグに代わってからの迷走ぶりが顕著でした*1が、監督がトラヴィス・ナイトに変わってからあら不思議、とても見やす…

理想のコンビ

昨日は5万円分のAmazonギフトカードを狙って『シュガー・ラッシュ:オンライン』の感想を書いたが、いつのまにか辛辣に批判していて5万円が遠のいてしまった。わーバカバカ、僕のバカ!と昭和の少女漫画みたいに自分をポカポカ殴っていると、今回のキャンペ…

人気キャラ共演に抱く危機感/『シュガー・ラッシュ:オンライン』★☆☆

はてなブログが『シュガー・ラッシュ:オンライン』の感想を募集しているので、書いてみるかな、Amazonギフトカード5万円分当たるし。僕はアメリカ公開時の11月に鑑賞済み。監督は前作に引き続きリッチ・ムーアと前作の脚本を書いたフィル・ジョンソン。今作…

邦画における棒立ち会話問題

年末ベストテンを選ぶ時期ということもあって駆け込みで映画を色々観ていますが、配信サービスや出張で乗る飛行機内上映のお陰で邦画を観る機会が多いです。最近はNetflixで日本以外で配信されている実写版『BLEACH』を観たっす。 感想は…うーん、やはり漫画…

Keep Rolling!/『カメラを止めるな!』★★★

今年インディーズ映画としては異例の動員数200万人・興行収入30億円以上の大ヒットを記録して大きな話題を呼んだゾンビ映画『カメラを止めるな!』をようやくBDで鑑賞。ENBUゼミナールのシネマプロジェクトの一環で、監督・脚本・編集は劇場用長編デビューと…